申命記2章 ーー 神様が与えてくださったもので満足すること

時々、私は物がもっと欲しいです。例えば大きいテレビとか、I-padとか欲しいです。でも、この箇所を読むときに、印象に残っているのは、私達が神様が与えたもので満足するべきであることです。

神様はイスラエル人に言った。「あなたを恐れる国々がある。でも、彼らのものを取るな。私はその人々に与えたからです。私は彼らの土地を少しでもあなたに与えない。

どうして、神様は「満足するべきです」と言ったでしょうか。神様は7節に理由を言った。

事実、あなたの神、は、あなたのしたすべてのことを祝福し、あなたの、この広大な荒野の旅を見守ってくださったのだ。あなたの神、は、この四十年の間あなたとともにおられ、あなたは、何一つ欠けたものはなかった。

つまり、神様はあなたをもう祝福した。あなたを守りました。すべて満たしてくださった。だから他の人のものを貪るな。

ヘブル人への手紙の著者の言葉に似ている。

金銭を愛する生活をしてはいけません。いま持っているもので満足しなさい。主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決してあなたを離れず、また、あなた を捨てない。」そこで、私たちは確信に満ちてこう言います。「主は私の助け手です。私は恐れません。人間が、私に対して何ができましょう。(13:5ー6)

神様が私たちの味方だったら、また、神様が私たちのニーズを与えてくださったら、他のものが必要でしょうか。

神様、私に満足を教えて下さい。私が他の人のものを貪らないように助けて下さい。あなたはいつも私と共にいる。あなたはいつも私のニーズを備えてくださっている。そして、あなたは私を決して離れず、私を捨てないと約束した。将来にもそう続けてください。私にとっては十分です。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中