民数記28ー29章 ーー なだめの香り

28ー29章で、イスラエル人が捧げる犠牲についての具体的な説明が書いてあります。その犠牲の話については、ここでは書きません。なぜならば、私は出エジプト記とレビ記のブログで、もう説明したからです。

でも、その箇所で、一つのフレーズが私の印象に残っている。そのプレーズが何回も書いてあります。つまり、その供え物は「主へのなだめの香りでした」。

そのように、イエス様が私達のために十字架で自分の命を捧げた時に、その犠牲は神様へのなだめの香りでした。神様の目に正義を満足させたし、私達に永遠の命を与えてくださった。でも今、神様は私たちが神様へのなだめの香りだと言います。第二コリント2:15ー16でこう書いてあります。

私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神の前にかぐわしいキリストのかおりなのです。ある人たちにとっては、死から出て死に至らせるかおりであり、ある人たちにとっては、いのちから出ていのちに至らせるかおりです。

神様は私達を見るときに、キリストの香りを嗅ぎます。そして、私たちはこの世界に出ていく時に、イエス様の香りを広げるべきです。第ニコリント2:14で、こう書いてあります。

しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。

そして、16節で書いてあるのは、ある人たちにとっては、私達がいのちから出ていのちに至らせるかおりだということです。つまり、彼らは私達の中に、キリストを見る時に、イエス様に近づきたいと思います。でも、ある人達にとっては、私達が死から出て死に至らせる香りです。なぜならば、キリストを拒絶する人にとっては、私たちが死と裁きが来る思い出させるものだからです。そして、だれも、それを思い出したくないのです。

もし、私たちがキリストの香りを広げないと、本当に悪いことです。私たちが神様に体を生きた供え物として捧げないと、私達は本当に生きていることにならない。私たちは存在しているだけです。でも、神様はそれを望んでいない。私達が自分自身を神様に捧げて、キリストを知る知識のかおりを広げることを望んでいる。

あなたからはどんな香りが匂うでしょうか。

イエス様、私の周りの人々にあなたの香りを広げたいです。あなたに私がすべてを捧げることを助けて下さい。私が生きた供え物になって、あなたの香りを広げることができるように。人々が私に会うときに、彼らが選択しなくてはならないように。つまり、彼らがあなたに付いて行くか、付いて行かないか選択するように。また、命を抱くか、死を抱くことを選択するように。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中