民数記25章 – 罪に導かれた民

バラムはイエス様について預言したけど、イエス様の友達じゃなかった。また、イスラエルの友達じゃなかった。神様はバラムにイスラエル人を呪うことを許さなかったから、バラムはモアブの王からお金をもらわなかった。だから、バラムはどうやってイスラエル人を倒すか考えました。彼はすぐにいい方法を見つけた。民数記31章16で、私たちが分かるのは、バラムのアドバイスによって、バラク(モアブの王)がモアブの女性たちをイスラエルに送って、その男性を偶像礼拝に導いた。

その計画は成功した。イスラエル人は偶像を礼拝し始めたから、2万4千の人々は殺された。

サタンは私たちに同じ作戦を使います。サタンは、神様が私たちを守ることを知っているから、私たちを神様から引き離したいです。サタンは私たちの弱い点をよく知っているからそれに焦点を当てる。ヤコブはこう書いた。

人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。(ヤコブ1:14-15)

イスラエル人は自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑された。その欲がはらむと罪を生み、結果は死でした。

そのように、私たちも自分の欲に引かれ、誘惑されて、罪を犯す。だから、どうしたらいいでしょうか。

パウロはこう書いた。

それで、あなたは、若い時の情欲を避け、きよい心で主を呼び求める人たちとともに、義と信仰と愛と平和を追い求めなさい。(第二テモテ2:22)

まず、私たちは罪から逃げなくてはならない。創世記39章で、ヨセフはそうしました。ポティファルの妻はヨセフに「「私と寝ておくれ」と言ったけど、ヨセフは逃げた。

でも、罪から逃げるだけことは不十分です。私たちは義と信仰と愛と平和を追い求めななくてはならない。罪から逃げることだけではなくて、よいことを求めてください。

最後に、自分で罪を戦う必要がないことを覚えていてください。キリストを求める人と戦ってください。あなたの弱さをシェアしてください。そして、彼らを助けてください。助け合いしたら、また、神様に委ねたら、その戦いはもっと楽になります。

神様、私はよく自分の欲によって、罪に落ちる。誘惑されるときに、私が逃げることができるように助けてください。つまり、罪から逃げて、あなたに走ることを助けてください。私が清くなるように助けて下さい。そして、私が、クリスチャンの友達を助けることができますように。私たちがあなたの聖なる民になるように。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中