民数紀23-24章 – 祝福することをもう決めた神様

これは面白い話です。モアブの王バラクはイスラエル人を何としてでも呪いたかったです。バラムはバラクを本当に手伝いたかったです。でも、神様はその二人を止めました。

何回もバラクは言った。「その国を呪いなさい。」

でも、何回も、バラムは答えた。「ごめん。祝福しなくてはならない。」

バラクはバラムをイスラエル人の一部だけが見える所に連れて行った。そして、バラムは言った。「分かりました。そのイスラエル人の全員を呪うことが出来ない。じゃあ、この一部の人々だけを呪ったら、どうですか。」

でも、神様はバラムに、この言葉を与えた。

立て、バラクよ。そして聞け。ツィポルの子よ。私に耳を傾けよ。神は人間ではなく、偽りを言うことがない。人の子ではなく、悔いることがない。神は言われたことを、なさらないだろうか。約束されたことを成し遂げられないだろうか。見よ。祝福せよ、との命を私は受けた。神は祝福される。私はそれをくつがえすことはできない。(18-20)

つまり、神様は全然変わらない方です。神様はいつも私達に約束を守ります。そして、神様は私達を愛しているから、私達を祝福したいです。人間は変わるかもしれないけど、神様は全然変わらない。

神様は私達にどんな祝福を与えてくださるでしょうか。神様の臨在(23:21)、救い(23:22)、悪霊からの守り、敵に対する勝利(23:24;24:8-9)、豊かな人生(24:5-7)、と名誉(24:7)。

何がこの祝福を阻むでしょうか。神様から逸れた心です。イスラエル人はそう学びました。でも、神様の手に留まったら、私達は祝福される。そして、誰も、人でも、悪霊でも、その祝福を取り去ることが出来ない。

神様、あなたが全然変わらない方であることを感謝します。そして、私達が心をあなたに委ねる時、あなたが私達を祝福してくださることを感謝します。あなたを愛して、あなたに従う心を与えてください。何が起こっても、あなたに従う心を与えてください。あなたから離れて、私が祝福を求めないように。なぜなら、あなただけが、私を満たす祝福を与えるからです。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中