民数紀22章 – 悪いことをすることをもう決めた。

去年、私は面白い話を読んだ。ある日、その著者は、ビデオ・レンタルの店に行って、友達と一緒に見るために、いいビデオを借りようと思った。一つのDVDを見て、ちょっと微妙だと思った。つまり、クリスチャンは多分見ないほうがいいと思った。それでも、彼は思った。「このビデオはそんなに悪くないかもしれない。私達は大人だし、悪い言葉とシーンがあっても、大丈夫。」でも、レジに行く時に、彼はちょっと不安でした。「もし、教会の人は私がこのビデオを借りるところを見たら。。。」

それでも、レジに行って、店員にそのビデオを渡した。その時、店員はIDカードを見て、顔が明るくなって、「確か、あなたは___さんでしょう?あなたの本が大好きです。」

その著者は、死ぬほど恥ずかしかったそうです。

でも、どれぐらい、私たちは同じ事をするでしょうか。私達は何が悪いことかを知っている。聖霊様の声が聞こえるのに、無視して、悪いことをする。バラムはそうしました。モアブの王バラクはバラムに頼んだ。「イスラエル人を呪ってください。」

しかし、神様はバラムに「ダメ」だと言っていた。バラクがバラムの答えを聞いて、もう一度、人を送って、そして、もっとお金を約束した。そして、バラムは「ちょっと考える」と答えた。

神様はバラムが行く事をもう決めたから、許したけど、条件を与えた。それは、「私があなたに命令した言葉だけを言いなさい。」

でも、バラムはバラクに会いに行っている間に、どうやって神様の言葉を避けるか考えたかもしれない。だから、神様は彼を止めた。天使を送って、その天使が剣を持って、道に立ちました。

多分、あなたはこの話をもう知っている。これは有名なバラムのろばの話です。その事件によって、神様ははっきり言った。「私の民を呪うな。呪うと思ったら、あなたは死ぬ。」

多くの場合、私たちはバラムみたいです。神様の言葉をよく知っているのに、罪は魅力的だから、神様の御言葉をどうやって避けるか考えます。私たちが悪いことを行うことをもう決断すると、何も私たちを止めない。でも、罪を犯すと結果を刈り取ることになる。

私達は皆、誘惑に直面する。でも、その場合、どうする?早く逃げるでしょうか。もしくは、私たちはバラムのように、心の中で、その罪について、よく考えるでしょうか。私たちはしたいことをするために、神様の言葉をどうやって避けるか考えるでしょうか。

エペソ人4:30で、こう書いてあります。

神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

私たちは肉の欲に負けるために救われていない。むしろ、私たちはその肉の欲から解放されるために救われた。だから、パウロが書いたように、

また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かさ れた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。というのは、罪はあなたがたを支配することがないからです。なぜなら、あなたが たは律法の下にはなく、恵みの下にあるからです。(ローマ6:13ー14)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 創世記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中