民数記21章10-20 ーー 感謝の心

文句、文句、文句、文句。ブツブツ、ブツブツ、ブ。。。。ちょっと待って。イスラエル人は文句を言っていないか。イスラエル人は喜んでいるか。感謝しているか。信じられない。

でも、この箇所で、そのことを読む。何回も、イスラエル人は「水がない、食べ物がない」と文句を言った。しかし、神様がイスラエル人のために水を備えた後で、彼らはこう歌った。

わきいでよ。井戸。—このために歌え—
笏をもって、杖をもって、つかさたちがうがち、民の尊き者たちが掘ったその井戸に。(17ー18)

どれぐらい、私たちには感謝の心があるでしょうか。むしろ、どれぐらい、私たちは自分の人生とトラブルについて文句を言うでしょうか。私は、よく文句を言う。私はイスラエル人の態度を批判するけど、私も同じことをする。

でも、神様はたくさんの良い物をくださいました。素晴らしい、美人の妻。とても可愛い娘。いい友だち。仕事。家。食べ物。つまり、私は自分の必要を全て持っています。

それよりも、私は永遠の命がある。イエス様はこう言いました。

しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。(ヨハネ4:14)

私は子供の時にこの歌を歌った。

命の川は私から流れる。
その川の水は
足が不自由な人が歩けるようになり、
盲人が見えるようになり、
牢屋のドアを開け、
囚人は開放される。

涌出よ、井戸、
私の魂の中で。
涌出よ、井戸、
私を癒してください。
涌出よ、井戸、
豊かな命を与えてうください。

神様、私はこの人生について、よく文句を言う。赦してください。あなたが良いことを与えて下さったことを私が覚えているように助けて下さい。あなたが下さった物を感謝します。また、あなたがして下さったことを感謝します。特に、この永遠の命の賜物を感謝します。この、生きる水が私から湧きあがって、周りの人に溢れるように。彼らがこの永遠の命を知って、癒されて、あなたの喜びと愛に満ち溢れる人生があるように。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中