民数記20章 ーー 軽率な言葉、軽率な行動

みんなはいつか限界点に達する。誰かが、あなたを傷つけるかもしれない。誰かが、いつもあなたを怒らせるかもしれない。そして、あなたはいつも、その怒りと傷を心に保って隠すかもしれない。でも、圧力はだんだん高まって、結局あなたは爆発する。

モーセもそれを経験した。モーセは世の中で一番謙遜な人なのに、40年ずっと、イスラエル人の文句と反抗的な態度を耐えていた。そして、神様​は何回もイスラエル人のニーズを備えたのに、もう一度、彼らは文句​を言い始めた。

ああ、私たちの兄弟たちが主の前で死んだとき、私たちも死んでいたのなら。なぜ、あなたがたは主の集会をこの荒野に引き入れて、私たちと、私たちの家畜をここで死なせようとするのか。(イスラエル人がその事件を見て、主を恐れたのに、もう一度文句を言い始めるのが私は信じられない。)なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから上らせて、この悪い所に引き入れたのか。ここは穀物も、いちじくも、ぶどうも、ざくろも育つような所ではない。そのうえ、飲み水さえない。(3ー5)

モーセは主の前に行くと、神様はこう言いました。

杖を取れ。あなたとあなたの兄弟アロンは、会衆を集めよ。あなたがたが彼らの目の前で岩に命じれば、岩は水を出す。あなたは、彼らのために岩から水を出し、会衆とその家畜に飲ませよ。(8)

モーセは本当にこう考えたかどうか分からないけど、多分、イスラエル人の所に戻るときに、モーセはこう言ったかもしれない。

「この人達を信じられない。なんで、彼らの文句を何回も聞かなくてはならないでしょうか。40年だよ!40年、繰り返して、彼らの文句を聞いていた。でも、イスラエル人だけじゃない。なんで、神様は、ちゃんと毎日備えてくれないでしょうか。そうすれば、私は皆の文句を聞く必要がないのに。「岩を打て!」「岩に命じよ!」全部無駄だ!」

そして、やっと皆が岩に着くと、モーセのフラストレーションが湧き上がった。モーセは皆に叫んだ。

逆らう者たちよ。さあ、聞け。この岩から私たちがあなたがたのために水を出さなければならないのか。(10)

そして、岩に命令せずに、モーセは岩を打って、水が出てきた。

神様は恵みを与えてくださいました。つまり、水を与えてくださいました。でも、神様は喜んでいなかった。だから、神様はモーセに言った。

あなたがたはわたしを信ぜず、わたしをイスラエルの人々の前に聖なる者としなかった。それゆえ、あなたがたは、この集会を、わたしが彼らに与えた地に導き入れることはできない。(12)

詩篇106:32ー33で、こう書いてあります。

彼らはさらに、メリバの水のほとりで主を怒らせた。それで、モーセは彼らのためにわざわいをこうむった。彼らが主の心に逆らったとき、彼が軽率なことを口にしたからである。

軽率な言葉。軽率な行動。その言葉と行動によって、神様に信頼しない態度、また神様を尊敬しない態度を示した。モーセはコントロールを失って、怒りに負けたから。

でも、私たちは、どれぐらい同じ事をするでしょうか。私たちは怒ったから、軽率な言葉を言う。もしくは私たちは傷つけられたから、軽率な行動をする。

以前、私は、その砂漠の岩がイエス様の​シンボルであることを言っていた。(第一コリント10:4)。その岩を一回だけ打って水が出て、そのあとで、言葉だけによって水が出たように、イエス様は十字架で、私達の救いのために一回だけ打たれた。そして、今、私たちは、イエス様に話して、「あなたは主」と言って、また赦しのために頼むと、生きている水、つまり、永遠の命をもらいます。

しかし、私たちは自分の感情に負けて、イエス様に信頼しない言葉を言って、または、イエス様を尊敬しない行動をすると、もう一度イエス様を打つみたいです。そのように、アダムとエバは神様に信頼しなかったから、背いていた。だから、イエス様は十字架に行かなくてはならなかった。なぜ、私達が救われたのに、もう一度、不信仰と不尊敬な態度を示しているでしょうか。

私たちは皆傷つけられることがある。私たちは皆怒ることがある。でも、その時に、私は​どうするでしょうか。傷つけられても、神様に信頼して行動するでしょうか。神様を尊敬して行動するでしょうか。もしくは、私たちの軽率な行動と言葉によって、イエス様を打つでしょうか。

パウロはこう書いていた。

怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい。(エペソ4:26ー27)

私たちは怒りを持ち続けると、また、その怒りが化膿したら、悪魔に機会を与える。そして、軽率な言葉と行動が出てくる。だから、​悪魔にその機会を与えないでください。むしろ、私たちの言葉と行動によって、イエス様に​信頼して、尊敬しましょう。イエス様はそれを値するからです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中