民数紀19章 – 清められた

私は旧約聖書の時代に生きていなくて良かった。たくさんの宗教的な儀式があるので、多分私は狂ってしまう。でも、神様はその儀式を通して、神様がどんな方か、また、私達が誰か、また、神様が私達がどんな人であって欲しいを示します。

この箇所で、神様は清める儀式によって、罪について教えるし、私達と神様との関係について教えます。

一つ目は、罪を無視する事が出来ないことです。誰かが儀式的に汚れたら、水を浴びなくてはならなかった。その儀式的な洗いを無視してはならなかった。もし、その儀式を無視すると、集会の中から断ち切られた。どうしてでしょうか。なぜなら、自分を清めないと、神様の聖所を汚すからです。(13,20節)

そのように、私達の人生の中に罪を持ち続けると、神様の宮、つまり、私達の体を汚す。私達がクリスチャンになった時から、聖霊が私達の中に住み始めた。だから、私達は神様の聖所です。もし、私達の心の中で罪があれば、心を清めなくてはならないです。その罪を無視してはダメです。

そういう訳で、皆は天国に行くことができないです。清めていない、罪深い人たちは天国に入ったら、天国の聖所を汚す。神様はそのことを許せないから、その人たちが神様から断ち切られる。

二つ目は、清い人だけが汚れた人を清めることが出来た事です。(18-19)

そのように、イエス様だけが私達を罪から清めることが出来ます。なぜなら、イエス様だけが全く清い人ですから。イエス様は決して罪を犯さなかった。

面白いのは、人を清める水を作るために、雌牛の灰を作ったということです。でも、その灰を作った人は、その灰を作ることによって、汚れるようになった。そのように、イエス様も一時的に汚れるようになった。つまり、イエス様は十字架で死んだ時に、全世界の罪がイエス様の上にあった。第二コリント5:21で、こう書いてあります。

神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。

三つ目は、清めるようにならない言い訳がなかったことです。なぜならば、清められることは本当に簡単な方法でした。その水が必要であれば、誰でももらうことが出来た。だから、誰かが清めないと、そして、清められずに皆から断ち切られたら、それは自分の責任です。

そのように、誰かが神様の救いを拒絶して、地獄に行ったら、自分のせいです。救われるのが難しいことじゃないですから。イエス・キリストを呼んだら、すぐに来て、あなたを救います。

ローマ書10:13で、こう書いてあります。

主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

救いは本当に簡単なことですから、誰も言い訳ができないです。イエス・キリストを拒絶する人には、神様の怒りしかないです。そして、永遠に神様から断ち切られる。

あなたはどうですか。あなたの罪が清められたか。あなたが赦されたか。祈ったら、清められて、赦されます。

イエス様、私は罪を犯して、汚れた。他の人を傷つけたし、あなたを傷つけた。赦してください。イエス様が十字架で私の罪のために死んでくださったことを信じます。私を清めて、私の主になるように。あなたの愛を感謝します。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中