民数記18章 ーー 祭司職の賜物

神様の民として、私たちはたくさんの賜物をもらいました。救いの賜物を​もらったし、永遠の命の賜物をもらった​し、御霊の賜物をもらいました。でも、私たちはもう一つの賜物をもらいました。

神様はアロンに言った。

わたしはあなたがたの祭司職の賜物の奉仕として与える (7節)

神様は私達にも、その賜物を与えてくださいました。イスラエル人の中で、アロンとその息子たちだけが、その賜物をもらいましたけど、私たちは違う祭司職をもらいました。この祭司職はすべてのイエス・キリストを信じる人達のためです。男の人でも、女の人でも、ユダヤ人でも、異邦人でも。私たちは皆、神様の前に祭司です。

ガラテヤ人への手紙3:28で、こう書いてあります。

ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。

また、黙示録1:6で、こう書いてあります。

「イエス様は」私たちを王国とし、ご自分の父である神のために祭司としてくださった方である。

どうして、祭司職は賜物ということでしょうか。なぜならば、私たちはその立場を得るために働くことができないからです。アロンとその息子たちは神様に祭司として選ばれた。そのあとで、その子孫だけが祭司になることができた。

でも、神様がアロンとその息子たちを選んだ理由は、彼らが皆より聖なる人であることじゃなかった。アロンとその息子たちも、よく失敗しました。

そのように、イエス・キリストを信じる事によって、私たちは神様の家族に生まれて、神様の祭司になりました。

私たちはその賜物のために働いていなかった。また、私たちは他の人々よりも聖なる人じゃないです。でも、その祭司職は賜物として私達に与えられた。

ですから、この賜物を真剣に考えなくてはならない。神様はアロンとその息子たちに、この与えて下さった賜物を大事にしなさいと言っていた。神様はこう言った。

あなたと、あなたとともにいるあなたの子たちと、あなたの父の家の者たちは、聖所にかかわる咎を負わなければならない。そしてあなたと、あなたとともにいるあなたの子たちが、あなたの祭司職にかかわる咎を負わなければならない。(1)

私たちが覚えていなくてはならないのは、私たちの体は神様の宮と聖所であることです。そして、私たちは祭司として罪を犯すと、神様の聖所を汚す。それに、私たちは神様がくださった祭司職を汚す。そうしたら、神様の目の前に私たちは責任がある。

でも、この賜物は本当に大きい特権です。それは、私たちは神様の前に来ることができるからです。旧約聖書の時代の祭司たちよりも、私たちは大きい特権がある。大祭司だけが一年一回だけで、至聖所に入ることができました。至聖所で、大祭司は神様の前に来ることができました。でも、私たちは皆いつでも、神様の前に来ることができます。

それに、この祭司職は生きている神様に仕える特権です。神様は私達を通してこの世界に触れます。アロンの祭司職はイスラエルを触れるためだったけど、私たちは全世界を触れる祭司職がある。

あなたはどのように、この賜物を考えるでしょうか。真剣に考えるでしょうか。この祭司職のミニストリーを感謝しているでしょうか。そして、この賜物を使って、周りの人々に触れるでしょうか。

神様、あなたがこの祭司職の賜物を与えてくださって感謝します。私がいつもこの賜物を真剣に考えるように。私はあなたの祭司、またあなたの代表として、値しない。でも、あなたは私を選でくださったので、感謝します。私がこの世界の人々に触れるように助けて下さい。そして、私の聖所が、いつもきれいになるように。私がこの祭司職を罪で、決して汚さないように。この素晴らしい賜物を与えてくださって、ありがとうございます。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中