民数記16ー17章 ーー 誰についていくでしょうか。

ついていった方がいいリーダーはたくさんいるけど、ついていかない方がいいリーダーもたくさんいる。問題は、悪いリーダーについていったら、彼があなたを穴に引っ張ってしまいます。

数年前、私の社長は全くダメなリーダーで、会社が倒産してしまいました。実は、私はその会社をもっと早く辞めたほうが良かったけど、ずっとそのリーダーについていたから、結局、私も大変な状態になってしまった。

イスラエル人も同じレッスンを学びました。コラとダタンとアビラムという人たちは、モーセに対して反抗したし、250人のリーダーとそのついていく人たちも反抗するように説得しました。

彼らの一番大きい文句は、モーセがイスラエル人を神様が約束した土地にまだ連れていっていないことでした。むしろ、皆はずっと砂漠でさ迷っていた。でも、彼らは2つのことを忘れていた。一つ目は、神様はモーセに何をするべきかを教えていた。モーセは自分で決断していなかった。神様に従った。2つ目は、彼らの以前の反抗によって、カナンに入ることができなかった。モーセのせいじゃなかった。

でも、もう一つの文句はコラと他のレビ人は自分の立場に不満があるということでした。彼らは祭司たちを手伝わなくてはならなかったけど、祭司たちになりたかった。だから、彼らは「モーセは力を愛している独裁者」と言っていた。(それはブルース城間の翻訳)。

ダタンとアビラムはモーセの前に来たくなかったから、モーセとイスラエル人がその二人の所に行っていました。神様はダタンとアビラムについていく人を殺そうと思ったけど、モーセがとりなししたから、神様はモーセに言った。

この会衆に告げて、コラとダタンとアビラムの住まいの付近から離れ去るように言え。(16:24)

そして、地面が割れて、地はその口をあけて、コラとダタンとアビラムとその家族をのみこんだ。その後で、主のところから火が出て、その250人のリーダーを焼き尽くした。

それでも、たくさんのイスラエル人が文句を言った。

あなたがたは主の民を殺した。(16:41)

神様はそれを聞いて、怒りましたから、彼らを神罰で打った。モーセとアロンはすぐにとりなししたけど、たくさんの人は亡くなった。

そのあとで、神様は言った。

イスラエル人に告げて、彼らから、杖を、父の家ごとに一本ずつ、彼らの父祖の家のすべての族長から十二本の杖を、取れ。その杖にはおのおのの名を書きしるさなければならない。レビの杖にはアロンの名を書かなければならない。彼らの父祖の家のかしらにそれぞれ一本の杖とするから。あなたはそれらを、会見の天幕の中わたしがそこであなたがたに会うあかしの箱の前に置け。わたしが選ぶ人の杖は芽を出す。こうしてイスラエル人があなたがたに向かってつぶやく不平をわたし自身が静めよう。(17:1ー5)

その12人は杖を持ってきて、次の日に、アロンの杖は芽をふき、つぼみを出し、花をつけ、アーモンドの実を結んでいた。その奇跡によって、皆は神様が誰をリーダーとして選んだか分かるようになった。

あなたは誰についていっているでしょうか。どの状態でも、大切なことだけど、霊的な状態で、特に大切です。どんな牧師があなたの教会をリードしているでしょうか。どんなクリスチャンの本を読んでいるでしょうか。インターネットとポッドキャストでどんなクリスチャンの牧師の話を聞いているでしょうか。

霊的なリーダーについて何が大切でしょうか。一つ目は、その人の心は神様に属することです。つまり、彼らは神様を心を尽くして愛しています。

2つ目は、彼らは周りの人を本当に愛しているかどうか。

3つ目は、彼らは謙遜な人であることです。モーセは世界の中で、一番謙遜な人でした。イエス様も謙遜でした。そのような人についていったほうがいいです。自分の立場について全然気にしない人です。また、他の人が彼らに仕えるより、彼らは他の人に仕える。

4つ目は、神様のみ言葉を正しく教えることです。残念なことだけど、たくさんの人はそうしない。彼らは神様を愛し、周りの人を​愛するけど、その教えは神様の御言葉と比べると違います。だから、そのついていく人は神様​の言葉に対して間違った考え方があります。

最後に、そのリーダーの行動が言葉と合っているべきです。もちろん、リーダーでも罪と戦うけど、その罪について話したら、「私に対しても、難しいです」と認めるほうがいいです。

イスラエル人は悪い人についていったから苦しんでいた。そのように、気をつけないと、私達も苦しむ。あなたは誰についていくでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中