民数記14:24 ーー 心を尽くして神様に従う事

昔のワーシップの歌でこう歌います。

主よ。私の心をあなたに捧げます。
私の魂を捧げます。あなただけのために生きる。
私がする息のすべてのうちに
私が起きている間に
私の人生で、あなたの御心が行われるように。

教会でその歌をよく歌って、多分、今でも、たくさんの歌はその祈りを表現する。でも、それを歌っても、毎日神様にどれぐらい私達の心を捧げるでしょうか。

カレブの場合、神様にすべてを捧げた。皆が反対意見を言っても、カレブは全く神様に信頼して、神様についていくことを決心した。だから、ほとんどのイスラエル人が砂漠でさ迷って死んだのに、神様はカレブについて言った。

ただし、わたしのしもべカレブは、ほかの者と違った心を持っていて、わたしに従い通したので、わたしは彼が行って来た地に彼を導き入れる。彼の子孫はその地を所有するようになる。(14:24)

英語の翻訳ではこう書いてあります。「カレブは心を尽くして私に従い通す。」

違った心。「神様を信じる。神様が何でもできる事を信じる。」と言う心。また、「神様が良い方だから、いつも約束を守ることを信じます。」と言う心。また、「このことを信じるから何が起こっても神様についていきます。」と言う心。

その態度を取ったら、心を尽くして神様に従う事ができる。それに、神様に従い通すことは簡単なことになります。でも、疑ったら、神様に従い通すことは難しいことになります。また、神様​に心のすべてを捧げるのは難しいことになる。むしろ、神様から私たちのすべてを出し惜しみするようになる。例えば、私たちの将来の経歴。もしくは私達のお金。もしくは私達のミニストリーを心から喜んで捧げようとしなくなる。

私はその戦い​をよく知っている。なぜならば、心を尽くして神様に従うことに対して葛藤することがあるからです。出し惜しみをするのは簡単です。でも、そうすれば、神様を喜ばせない。ヘブル人への手紙の著者はこう書いた。

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。(11:6)

神様はあなたの心をどれぐらい持っているでしょうか。

神様、「私の心をあなたに捧げる」とよく歌いますが、多くの場合、心のすべてを捧げない。心を尽くしてあなたに仕えない。赦してください。私がもう一度あなたを信頼出来ることを教えて下さい。あなたの慈しみを思い出させてください。カレブのように違った心を望んでいる。私の心を一つにしてください。あなたがここにいることを信じるからです。あなたが良い方だと信じるからです。また、あなたが私を愛していることを信じるからです。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中