民数記11ー12章 ーー 妬んでいる

時々、私の性質が違うと良かったのにと思う。実は、私はよくそう考えます。例えば、私がとてもシャイじゃなかったら良かったと思う。たくさんの人の前で喋るのは全然大丈夫ですけどね。高校のスピーチクルブに参加したから。でも、新しい人に​会うのは?とても難しいです。パーティーでたくさんの人といる事?あまり楽なことじゃないです。めちゃくちゃフレンドリーな人を見て、私はちょっと羨ましいです。「私にもそんな性格があったらいいのにねえ。どうして神様は私を​このように創られたでしょうか。」と思う。

妬みのいろんな種類がある。そして、特に教会で、妬みは問題を起こす事ができる。なぜならば、その結果は傷付いた人とか、教会の分裂とか、壊れたミニストリーだからです。

ヨシュアでも妬んでいた。

多くの人は自分の役割を他の人に渡したくないです。11章で、モーセのためにヨシュアがそう感じました。その前に、モーセは神様の御霊に特別なアクセスがあった。特に、神様の知恵と​力。他の人はそのアクセスがなかった。でも、ある日、モーセは文句を言っていた。「このリーダーシップの重荷が重すぎる。私はもう耐えられない。」

だから、神様は答えた。

イ スラエルの長老たちのうちから、あなたがよく知っている民の長老で、そのつかさである者七十人をわたしのために集め、彼らを会見の天幕に連れて来て、そこ であなたのそばに立たせよ。 わたしは降りて行って、その所であなたと語り、あなたの上にある霊のいくらかを取って彼らの上に置こう。それで彼らも民の重荷をあなたとともに負い、あな たはただひとりで負うことがないようになろう。 (16ー17)

70人が呼ばれたけど、68人しか来なかった。その他の2人は?私達は分からないが、そのメッセージを聞いていないかもしれない。もしくはそのメッセージ を無視したかもしれない。忙しすぎたかもしれない。とにかく、彼らは来なかった。でも、神様は、その68人だけではなくて、その来ていない2人にも御霊を注いだので、みんなは預言し始めた。

ヨシュアはそれを聞くと怒りました。ヨシュアはその2人について怒ったけど、他の68人についても怒っていたでしょうか。分からないが、その2人について聞いたら、ヨシュアは文句を言っていた。多分ヨシュアはこう考えた。「その2人は私達​の仲間じゃない。最初から来ていれば良いけど、来なかった。なんで、その2人も神様の御霊をもらったでしょうか。」

一つ​の新約聖書の話に似ている。イエス様の名前によって悪魔を追い出す人がいたけど、イエス様の12の弟子たちの仲間じゃなかった。だから、彼らは怒って、その人を止めさせた。そのように、ヨシュアは モーセに「その人を止めさせてください。」と言った。でも、モーセは答えた。

あなたは私のためを思ってねたみを起こしているのか。の民がみな、預言者となればよいのに。が彼あの上にご自分の霊を与えられるとよいのに。(11:29)

私達も、その態度を取ったほうがいいです。時々、私たちはミニストリーに参加​するけど、他の人も参加したいです。そして、私たちは怒って「これは私のミニストリーだ」と言います。

でも、そのような考え方は間違っています。神様は自分の目的のためにミニストリーをあなたに与えました。そのミニストリーは私たちのものじゃないです。そして、他の人が参加し始めることを望んだほうがいいです。神様がたくさんの人に御霊を注ぐことを望んだほうがいいです。なぜならば、その新しい人によって、多く の人々が祝福されるようになるからです。

教会の中や、教会と教会の間に妬みの余地はないです。収穫の主が人が救われるために働き手をもっと送ってくださるように祈らなくてはならない。そして、その働き手が私たちより​ミニストリーを良くできたら、私たちは感謝するべきです。つまり、神様の国 が広がっているし、その国の中で私たちは自分の立場がある。

でも、もう一つの妬みの種類があります。ミリヤムとアロンはそんな妬みがあった。その2人はモーセの立場について文句を言った。彼らは言った。

はただモーセとだけ話されたのでしょうか。私たちとも話されたのではないでしょうか。(12:2)

それだけではなくて、彼らはモーセのクシュ人との結婚を批判した。なぜならば、モーセの権威を弱体化させるようにしたかったから。だから、神様はその2人を叱った。

でも、私達も時々そのようなことをする。私たちは教会の中で、他の人の立場を取りたいです。そして、私たちはその人を批判して、「私のほうが上手ですよ」と言います。もしくは「どうして彼はそのようにするでしょうか。私なら、違う方法でするよ。」と言います。

もしくは彼らのミニストリーを批判できないと、私たちは他のことを批判する。でも、その批判が正しくても、正しくなくても、神様は喜ばない。

神様は自分の意志によって、各クリスチャンに霊的な賜物を与えてくださる。私たちは皆、教会の中で立場がある。だから、私たちは神様が与えて下さった賜物に満足して、神様の御心によって仕えるべきです。もし、誰かがもっと高い立場があっても、またミニストリーがうまくいくように私たちが他の人と役割を分けな くてはならなくても、妬まずに、私たちは喜んでするべきです。

この歌の歌詞を覚えて、この態度を取りましょう。

あなたの栄光、あなたの国、あなたの名前のために私はここにいる。私を用いてください。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中