民数記10章33−36 ーー 私たちの先に行ってください。私たちの間にいてください。

イスラエル人がシナイから出発する時にモーセが言った言葉が大好きです。モーセはこう言った。

主よ。立ち上がってください。あなたの敵は散らされ、あなたを憎む者は、御前から逃げ去りますように。(35)

つまり、「主よ。私達の先に行ってください。あなたが私たちの​リーダーで、私たちはあなたについて行きます。私たちの道をまっすぐにしてください。あなたの敵、また、私たちの敵を散らして下さい。」

イスラエル人が出発するたびに、モーセはそう祈りました。

私達も、そのように祈ったほうがいいです。聖書で、こう書いてあります。

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。(第一ペテロ5:8)

主の祈りで、イエス様もそのような祈りを教えました。つまり、

悪からお救いください。(マタイ6:13)

毎日、サタンは神様と戦います。神様の民として、私達もサタンのターゲットです。悪霊がすべての岩の後ろに隠れていると言っていない。でも、私達が神様の御心を成就しないために、サタンとその悪霊が働いています。だから、モーセのように私達は祈ったほうがいいです。

主よ。立ち上がってください。あなたの敵は散らされ、あなたを憎む者は、御前から逃げ去りますように。

主の雲がとどまる時に、モーセは祈った。

主よ。お帰りください。イスラエルの幾千万の民のもとに。(36)

つまり、「あなたは私達​を大いなる民にしました。本当に私達を​祝福して下さった。でも、神様の導きによって、私達がここに来たから、私達の間にいてください。あなたの臨在が決して私達から遠く離れないように。」

私達も、そのように祈ったほうがいいです。

「神様、あなたは私達をここまで導いて下さった。私達を呼ばれて、あなたの民にしました。だから私達から遠くおられないように。私たちの間にいてください。私達があなたの臨在をもっと知るように助けて下さい。」

神様、あなたがエジプトからイスラエル人を呼ばれて砂漠で導いたように、あなたは私をサタンの国から呼ばれて、天国に着くまで導いてくださる。だから、いつも私の先に行ってください。私を攻撃して破壊したい敵から守ってください。そして、私がどこに行っても、私と共にいてください。私の隣にいてください。私の必要を備えてください。私を導いて、守ってください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中