民数記10章29−32 ーー あなたを愛している。あなたが必要です。

「あなたを愛している。」「あなたが必要です。」

私達が愛している人にどれぐらいその言葉を言うでしょうか。愛している人がいつもいるし、私たちを手伝ってくれるし、私達を愛しているのが当然のことだと思うのは簡単です。だから、無意識に、彼らとの関係はだんだん離れるようになる。結婚の関係でも、家族の関係でも、友達の関係でも。なぜならば、私たちは彼らに「私にとっては、あなたがとても大事な人」と言うのを忘れるからです。

モーセとイスラエル人がシナイを出て、カナンに行く時に、モーセの義理のお兄さんホバブは自分の国に帰ろうと思った。でも、モーセは​言った。

私たちは、主があなたがたに与えると言われた場所へ出発するところです。私たちといっしょに行きましょう。私たちはあなたをしあわせにします。主がイスラエルにしあわせを約束しておられるからです。(29)

でも、ホバブは答えた。

私は行きません。私の生まれ故郷に帰ります。(30)

それを聞いて、モーセは諦める事ができましたが、頼み続けました。

どうか私たちを見捨てないでください。あなたは、私たちが荒野のどこで宿営したらよいかご存じであり、私たちにとって目なのですから。私たちといっしょに行ってくだされば、主が私たちに下さるしあわせを、あなたにもおわかちしたいのです。(31ー32)

その言葉によって、モーセはどれぐらいホラブを愛していて、ホロブが必要であることを伝えたから、結局ホバブはイスラエル人と一緒に行きました。

あなたはどうですか。ちょっと離れるようになっている関係があるでしょうか。愛している人にどれぐらいあなたが愛しているし、相手が必要か伝えるでしょうか。私たちの関係を大事にしましょう。相手がどれぐらい大事か伝えましょう。2つのシンプルなフレーズだけが必要です。「あなたを愛している。」「あなたが必要です」

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中