民数記10章9ー10 ーー 苦しい時、主の前に覚えられている。良い時に、神様を覚えていましょう。

日本では、神社に行く時に、皆は5円ぐらいを捧げて、鈴を鳴らして、手を叩いて、神社の神に祈る。鈴を鳴らすことと手を叩くことはその神の注意を引くためです。

多くの人はこの箇所を読んだら、ラッパが同じ機能があると思います。9節でこう書いてあります。

また、あなたがたの国で、あなたがたを襲う侵略者との戦いに出る場合は、ラッパを短く吹き鳴らす。あなたがたが、あなたがたの神、主の前に覚えられ、あなたがたの敵から救われるためである。

でも、神様は決して寝ないから、起こされる必要がない。私達がここにいるし、神様の助けが必要であることを神様​に思い出させる必要がない。だから、この箇所で、神様はこう言いたいと思います。苦しむときに、辛くても、攻撃されても、神様が遠くに感じられる時でも、神様はあなたのことをまだ覚えている。もし神様を呼んだら、神様は必ず答えて、助けてくれる。

苦しい時に、神様を覚えていることは簡単です。でも、神様は「良い時にも私を覚えていてください」と言います。10節でこう書いてあります。

また、あなたがたの喜びの日、あなたがたの例祭と新月の日に、あなたがたの全焼のいけにえと、和解のいけにえの上に、ラッパを鳴り渡らせるなら、あなたがたは、あなたがたの神の前に覚えられる。わたしはあなたがたの神、主である。

今、苦しい時でしょうか。あなたの祈りは壁から響くだけみたいでしょうか。神様があなたを忘れていないと覚えていてください。神様を呼んだら、神様はあなたの声を聞いて、助けてくださる。

今、 良い時でしょうか。神様を忘れないでください。神様の善意のために感謝することを覚えていてください。そして、良いことが起こったら、それを書いてください。そうしたら、苦しい時に(絶対に来るよ!)神様の愛と忠実を決して忘れません。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中