民数記6章1ー21 ーー 主のために聖別している

聖書の時代に、時々、人々は自分の人生を一時的に神様に聖別した。その時、ナジルの誓いをした。ナジルという人は神様に仕えるために3つの誓いをした。一つ目は、ぶどう酒​を飲まなかったし、ぶどうからの食べ物を食べなかった。2つ目は、髪の毛をのばしておかなければならなかった。3つ目は、死体の近くにいたらダメでした。

聖書の中で、有名なナジルの人が何人かいる。例えばサムソンとバプテスマのヨハネ。その二人は神様から特別な働きをもらいました。サムソンはイスラエル人をペリシテ人から救い出すために選ばれた。ヨハネ​はイスラエル人をイエス様のために調えるために選ばれた。

でも、私たちは何を学べるでしょうか。ナジルの人たちは意識して自分自身を神様に捧げた。クリスチャンとして、私達もそう呼ばれた。パウロはこう書いた。

そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(ローマ12:1)

つまり、私たちは自分の体を神様が使えるものとして捧げるべきです。神様に受け入れられるものとして、体を捧げるべきです。パウロの言葉によって、その行動は神様に対しての礼拝です。礼拝は賛美することだけではないです。礼拝は神様に自分の人生を捧げることです。

そうだったら、私達も髪の毛をのばしておかなくてはならないし、ぶどう酒を飲まないし、死体の近くにいたらダメでしょうか。そういうわけでもないです。でも、そのナジルの誓いから学べることがあると思う。

一つ目は神様のために聖別された人として、聖霊様が私達を満たして、私たちの人生をコントロールすることを許すべきです。

パウロはこう書いた。

また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。(エペソ5:18)

ぶ どう酒を決して飲まないべきという意味じゃないです。でも、ぶどう酒があなたの人生をコントロールすることを許さないべきです。それに、他のものがあなた の人生をコントロールすることを許さないべきです。インターネットでも、ポルノでも、仕事でも、趣味でも。何があなたの人生をコントロールしているでしょ うか。 神様でしょうか。もしくは他のものはあなたの人生をコントロールしているでしょうか。何があなたの時間を支配するでしょうか。何があなたの思いを支配するでしょう か。神様でしょうか。もしくは他のものでしょうか。

2つ目は、私達が神様のために聖別されたことについて、大胆に伝えなくてはならない。聖書の時代に、ナジルの髪の毛は周りの人々に、「私が神様のもの」と伝えた。人々はナジルの人を見たら、すぐに分かりました。「この人は神様のものです。」

そのように、周りの人々が私達を見たら、私達がクリスチャンであることを知らなくてはならない。時々、クリスチャンはこう言います。「私は静かな証人です。 私はたくさんのいいことを​して、多分、彼は私がクリスチャンであることを​知っているはずです。だから、何も言わなくてもいいでしょう?」

でも、たくさんの「良い人」はクリスチャンじゃないです。もし、私達が何も言わないと、彼らは「その人はいいクリスチャンだ」と考えない。「その人はいい人ですねえ」とだけ考える。もちろん、私たちの行動は大切です。それは私たちの証しの証拠です。でも、行動だけが足りないです。何か言わなくてはならな い。

3つ目は私たちは死んだものから離れなくてはならない。死体から離れた方がいいというわけじゃないです。でも、死に導く罪から離れたほうがいいです。パウロはこう書いた。

それゆえ、彼らの中から出て行き、彼らと分離せよ、と主は言われる。汚れたものに触れないようにせよ。そうすれば、わたしはあなたがたを受け入れ、(第2コリント6:17)

そして、汚れたもの、また死んだものから私が避けるように助けて下さい。

以前言ったように、ナジルの人は一時的に自分の人生を神様に捧げた。でも、私たちは命の限り、神様にすべてを捧げることを呼ばれた。なぜでしょうか。なぜならば、イエス様は自分の人生を私達のために捧げたからです。天国を去って、この世に来て、私達の罪のために十字架で死なれた。だから、神のあわれみのゆ えに、私たちは神様に人生を捧げます。神様はその哀れみを私達の人生​に注いだからです。

神様、私達の人生が全くあなたのものになるよう に。私があなたにコントロールをすべて与えるように助けて下さい。あなたの聖霊で、私達を満たしてください。私を​導いてください。私が大胆に「私が神様 のもの」だと言えるように。そして、汚れたもの、また死んだものを私が避けるように助けて下さい。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

民数記6章1ー21 ーー 主のために聖別している への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 士師記13章 – 「不思議」という人 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中