民数記1ー4章 ーー 戦う準備ができた。仕える準備ができた。

それでは、民数記を始めましょう。モーセがイスラエル人を二回数えたから、これは民数記といいます。

1ー2章は11部族の人数を数えることについて書いてあります。その目的は、イスラエル人がカナンに着くときに人がどれぐらい戦えるか知りたかった。そのあとで、各部族がキャンプの中で、自分の場所を割立てられた。

3ー4章はレビの部族についてです。その箇所で、レビ人の責任が書いてあります。

1ー4章で、4つの言葉をよく見る。それは、「属する」、「進む」、「任命する」と「任務」。そのことによって、2つのことを学べると思います。

一つ目は神様の民として、私たちは戦いの中にいます。エペソ人6:12でこう書いてあります。

私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

だから、神様の軍隊に属して、自分の場所を割立てられた。私たちはイエス様の福音をこの死にかけている世界に持って行ってサタンの国から人々を開放する命令を与えられた。だから、あなたはどこにいても、何の仕事をしても、あなたは​その戦いの場がある。近所でも、職場でも、学校でも、私たちはサタンとその悪霊に進んで戦うように呼ばれた。

でもレビ人は幕屋で仕えるように呼ばれたように、私達もキリストの体の中で、つまり、教会の中で仕えるように呼ばれた。それは教会のビルだけではない。むしろ、神様からもらった賜物で神様の民​に仕えることです。

ローマ書12章でこう書いてあります。

4 一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、

5 大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。

6 私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので、もしそれが預言であれば、その信仰に応じて預言しなさい。

7 奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。

8 勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい。

軍人としもべ。私たちがこの世にいる間に、それは私達の​召しです。私達の与えられた立場を取って、その任命された任務を成就しましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 旧約聖書, 民数紀 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中