レビ記26章14ー46 ーー 反抗、懲らしめ、恵み

多くの人は神様について考えたら、罰を与える神様として考える。多分、このような箇所はそのイメージを強めるかもしれない。でも、この箇所を読むときに、思い出さなくてはならないことがあります。

神様は神様を愛している人について話していない。心をつくして、神様に仕えたい人について話していない。むしろ、神様に反抗する人について話しています。この人達は「神様に聞かないし」、「掟を拒むし、定めを忌み嫌いし」、「頑固だし、神様に反抗する」という人です。

神様はこのような人について話している。もし、私たちが神様に反抗したら、神様はその人を躾ける。でも、神様の懲らしめについて、2つのことを思い出すべきです。

一つは、神様に反抗するときに、私たちは神様の保護を出るから、私達の人生に悪いことがよく起こります。

どれぐらい、人々は神様のセックスの教えを拒絶するから、エイズがあるでしょうか。どれぐらい、私たちは神様に委ねずに、自分自身に信頼するから、恐れる必が要ないのに、恐れるでしょうか。どれぐらいサタンは私達を攻撃するけど、私たちが神様から離れるから、私たちは無力でしょうか。でも、その状態が来たら、私たちは神様を責める

でも、もう一つ思い出さなくてはならないのは、神様がその状態を許す理由があることです。神様は私達を破壊したくないです。サタンは私達を破壊したいですが、神様はそうしたくないです。むしろ、神様の望みは私達が悔い改めることです。一番暗い時期でも、私達の人生がめちゃくちゃになっても、神様は私達を捨てない。私たちは忠実じゃなくても、神様は忠実です。もし、私達が悔い改めたら、神様は私達に恵みを与える。イスラエル人を赦して、回復したように、私達も赦すし、回復します。懲らしめの目的は私達が神様の恵みをもう一度知ることです。

だから、毎日そのように生きましょう。つまり、神様の恵みの下に生きましょう。私達の一番ベストの日でも、神様の恵みが必要です。神様は罰を与えたくないです。むしろ、恵みを与えたいです。だから、神様を恐れないでください。神様はあなたを愛している。だから、神様に対して、柔らかい心を持って、神様の恵みに対して、心を開いてください。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, レビ記, 旧約聖書 パーマリンク

レビ記26章14ー46 ーー 反抗、懲らしめ、恵み への2件のフィードバック

  1. minoru watanabe より:

    26章35節にある2つの安息について教えて下さい。
    一つは安息を守れなかった安息。二つ目はその守れなかったためにおきた荒廃と安息。
    一つ目はエレミヤが預言したバビロンに従属の70年間だと思います。2つ目はゼカリヤ書に書かれている70年間の断食だと思います。
    神はエレミヤを通して安息を守るようにゼデキヤ王に伝えますが、安息を守れずバビロンに立ち向かいます。
    レビ記による35節の予言は現実化しない可能性はあったのでしょうか?
    神はゼデキヤが安息を守るかもと期待があったなら、なぜレビ記に予言を書き記したのでしょうか?
    私はこれが不思議でなりません。
    神の力では過去の記録が書き換えられる奇跡を行なえたからでしょうか?
    どう考えますか?

    ご意見教えて下さい。

    渡辺

    • bkshiroma より:

      34-35節で言われていることは、もしイスラエル人は土地の安息(レビ記25:1-7)を守らないと、
      イスラエル人が敵の国連れて行かれて、その時、その土地は休み、その安息の年を取り返す、ということです。

      結局、イスラエル人はずっとその土地の安息を守らなかったから、70年バビロンにいた(歴代誌第二36:21)。
      その70年の間にイスラエル人は断食したけど、心は正しくなかったから、ムダでした。
      だから、そのエレミヤの70年とゼカリヤ書の70年は同じ70年です。

      エレミヤがゼデキヤ王に土地の安息について話した箇所はどこでしょうか?見つけられません。
      とにかく、神様はいつもイスラエル人を裁きについて注意しました。
      >なぜレビ記に予言を書き記したのでしょうか?
      これは預言ではなくて、イスラエルに対する警告です。

      神様の目的は皆が悔い改めることです。だから、神様はエゼキエル33:14-16でこう書いてある。

      14 わたしが悪者に、『あなたは必ず死ぬ』と言っても、もし彼が自分の罪を悔い改め、公義と正義とを行い、

      15 その悪者が質物を返し、かすめた物を償い、不正をせず、いのちのおきてに従って歩むなら、彼は必ず生き、死ぬことはない。

      16 彼が犯した罪は何一つ覚えられず、公義と正義とを行った彼は必ず生きる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中