レビ記25章 ーー 自由

liberty-bellアメリカのフィラデルフィアという都市にベルがあります。そのベルの上に、この言葉が書いてあります。「国中のすべての住民に解放を宣言する。」

このベルは自由の鐘です。でも、私はその言葉がベルの上に書いてあることを知らなかった。もしかしたら、聞いた事があったかもしれないけれど、ずっと前に忘れてしまっていた。

でも、この言葉はレビ記25:10から来ます。神様はこう言った。

あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を宣言する。これはあなたがたのヨベルの年である。

このヨベルというのは何でしょうか。それはキリストにある自由の美しい絵です。

七年おきに、イスラエル人が種を蒔かないし、刈り入れなかった。むしろ、七年目は、地の全き休みの安息でした。その時に、六年目からの収穫から食べた。それに、落ち穂から生えたものを売るために刈り入れてはならなかったけど、自分の食事のために食べても大丈夫でした。

そして、安息の年を七たび、つまり、49年おきに、贖罪の日のあとで、角笛が鳴り響きました。そして、ヨベルの年が始まった。その年に、負債を払うために自分自身を奴隷として売った人は自由にされて、家族のところに戻りました。それに、もし、家族の​土地を負債を払うために売っていたら、その土地も戻りました。だから、ヨベルの年は自由と祝いの年でした。

ヨベルの年は贖罪の日の後であることが大切だと思う。贖罪の日に、罪の代価が支払われた。そして、次の日はヨベルの始まりでした。自由の年でした。回復の年でした。つまり、人間関係の回復。また、土地の回復。

そのように、イエス様が十字架で、私達の罪のために支払った時に、私たちにとっては新しいスタートでした。私達と神様の関係が回復された。また、罪で壊れた人間関係が回復された。また、神様から​の遺産も回復された。それは、天国だけではないです。それは、神様が私達のために初めに計画したことを回復された。アダムとエバが罪を犯した時になくしたことが回復される。つまり、愛と平和と喜びと満足。でもそれよりも、神様の子供の自由が回復された。サタンの国からの自由だし、罪で縛られた人生からの自由。神様の怒りと裁きを恐れずに、神様を自由に愛して、仕えることができる。イエス様は十字架で、その怒りと罰を受けて下さったからです。

イエス様はこう言った。

わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕らわれ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、主の恵みの年を告げ知らせるために。(ルーカ4:18ー19)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, レビ記, 旧約聖書 パーマリンク

レビ記25章 ーー 自由 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルカ4章14-30ーーイエス様を受け入れる人には | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中