レビ記23章 ーー 神様と神様の​わざを思い出すこと

私は記憶力がいいと思います。私はたくさんのことをよく覚えています。でも、時間がたつと、ある思い出はちょっと曖昧になります。私の妻は私達の関係について私が忘れたことを覚えている。例えば、妻は私たちがいつ市役所に行って結婚を登録する日を覚えているけど、私はよく覚えていない。私は結婚式の日をよく覚えているけどね。

神様は私達がすぐに忘れることをよく知っている。多分、そういうわけで、いろんな祭りと特別な日を確立した。

最初に、神様は安息日について話しました。その日の目的は、皆が神様が創造主であることを思い出すためでした。つまり、神様はすべての物を造って、七日 に休んだことです。私達もそれを思い出すべきです。つまり、神様は全能の方だし、神様の知恵と愛によって全ての物を創りました。だから、神様は私達の問題よりも大いなる方です。そして、私たちが神様に向かったら、どんな試練があっても、乗り越えられる。

次に、神様は過越のいけにえと種を入れないパンの祭りについて話しました。それは、神様がイスラエル人をエジプトから救い出すことを思い出すためでした。彼らは奴隷でしたけど、神様はイスラエル人を開放しま した。そのように、神様は私達をサタンの国から救いだした。私たちが罪の奴隷でしたけど、神様は私達を開放して、今私達が神様の息子たちと娘たちになりま した。イスラエル人がエジプトからの自由を祝ったように、私達も神様が与えて下さったキリストにあっての自由を祝うべきです。

次に、収穫の初穂の捧げ物と七週の祭りです。この祭りは収穫の時に祝った。多分、神様がイスラエル人の必要を備える方であることを思い出させたかった。そのように、私達も神様が備え主だから、心配することなく必要なものをいただけます。(マタイ6:33)

次に、ラッパの祭りです。それは、イスラエル人のお正月でした。その時、彼らが以前の年を反映した。どうしてでしょうか。なぜならば、神様が私たちを造ったので、私たちは神様に対して責任があるから。裁きの日が来ます。その日、私たちは神様の前に立って、自分のことを申し開きしなくてはならない。だから、その日の前に私たちは悔い改めなくてはならない。イスラエル人はラッパの祭りと次の祭りの間にそうしました。

次の祭りは、贖罪の日でした。以前、この日について私は書きましたが、贖罪の日はイスラエ ル人を自分の罪を思い出すためでした。つまり、罪を赦されるために、誰かがしなければならなかった。自分の努力か力で清められなかった。そのように、私たちは贖いの必要を思い出すべきです。二千年前にイエス様は私達の罪のために十字架で死にました。イエス様は​私達の罰を受けたから、私達の罪がイエス様の血で覆われました。それが聖餐式の意味です。感謝の心から、キリストの十字架の働きを思い出す。

最後に、仮庵の祭りがありました。それは、約束された土地に住むイスラエル人にどこから来たか思い出させるためでした。つまり、神様はイスラエル人を無事に砂漠を通って導いた。そのように、私たちは神様がどのように私達を導いたか思い出すべきです。試練があるときに、どのように、神様が導いたこと。神様が私達の必要を全て備えたこと。また、敵の攻撃から救ったこと。

私達はその事を忘れたら、どうなるでしょうか。

一つ目は、私達は高ぶるものになる。神様なしで、この人生が生きることができると思い始めます。神様から全てをもらったことを忘れて、自分の努力でその物を得たと思い始めます。

二つ目は私達は心配し始めます。仕事について心配したり、経済について心配したり、私達の必要について心配したりします。なぜなら、私達は神様が私達の必要を備えてくださる約束を忘れるからです。

三つ目は、私たちが神様に対して責任があることを忘れます。そして、私たちは自分自身のために生き始めます。でも、イエス様は十字架で、大きい代価を払って、私たちを買い取ったから、パウロが言ったように、私たちはもはや自分自身のものではない。だから、毎日、私たちはへりくだりの悔い改める心をもって、神様の前に来るべきです。また、感謝の心を持って、イエス様の十字架の御業を思い出さなくてはならない。

最後に、私達は落ち込むようになる。辛い時に、神様が私達の問題よりも大いなる方である事を忘れるし、どのように、以前神様が私達を助けてくださったか忘れるからです。

神様は私達の創造主、備え主,裁判官、購い主と羊飼い。私達がこの砂漠の人生を歩いたら、その事を思い出しましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, レビ記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中