レビ記19章 ーー 傷つけられた時に

人間関係について学びたいなら、だれもレビ記を読もうと思わない。でも、19章は大切な教えがあります。

一番大切なのは、私達が周りの人々を尊敬するべきだということです。神様は目の見えない人と耳の聞こえない人を尊敬するべきだと言いました (14)。また、老人を尊敬しなさいと言いました (32)。また、あなたと違う人を尊敬しなさいと言いました(33)。

でも、その前に、神様は言った。「あなたの両親を敬いなさい。」

なぜそれは大切でしょうか。なぜならば、子供の時に、私たちは他の人よりも両親と時間を過ごす。もし、私たちが両親を尊敬できないなら、他の人を尊敬することが難しくなります。

最近、知り合いと話して、彼のご両親との関係が辛そうでした。私は具体的なことは知らないけど、彼がこう言った。「私は頑張って仲直りしようとしたけど、結局ダメです。」

彼は傷ついているけど、必ず、ご両親も傷ついていると思います。

関係の問題は、両方が頑張らなくてはならない。私たちが頑張って仲直りしょうとしても、相手も頑張らないと、うまくいかない。でも、相手の態度をコントロールできなくても、私たちは自分自身の態度をコントロールできます。

17ー18節で、神様はこう言った。

心の中であなたの身内の者を憎んではならない。あなたの隣人をねんごろに戒めなければならない。そうすれば、彼のために罪を負うことはない。復讐してはならない。あなたの国の人々を恨んではならない。あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは主である。

この箇所で、神様は私達が難しい関係があるときに、また私達が傷付けられた時に、どんな態度を持つべきかを教えてくれます。

一つは憎しみがあなたの心に入ることを許さないべきです。どうしてでしょうか。なぜならば、私達の人生のために神様のみ心の反対だから。

ヨハネはこう書いた。

神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えないか神を愛することはできません。神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。(第一ヨハネ4:20ー21)

神様は私達の人生に愛を注ぎたいし、私達の人生から愛が流れるように望みます。でも、心の中で、憎しみを持ち続けたら、それは無理です。

2つ目は問題に直面するべきです。問題を避けないべきです。神様はこう言った。「あなたの隣人をねんごろに戒めなければならない。」(17)英語の翻訳でこう書いてあります。「率直に戒めなければならない。」

イ エス様はマタイ18章で同じようなことを言った。もし、あなたの兄弟があなたに対して罪を犯したら、その人に面と向かって責めるべきです。もし相手が聞き入れないと、もう一人か二人を連れて行って、その人と話すべきです。もし、その人がまだ聞き入れないと、教会の人達と一緒にその人と話すべきです。もし、相手がまだ聞き入れないと、その人から離れたほうがいいです。なぜでしょうか。その人を憎んでいるからでしょうか。違います。なぜなら、あなたを自分自身 を守るためですから。そうしないと、もう一度、傷つけられるかもしれない。

もし、離れることができないなら、感情的に離れたほうがいいで す。その人に対して、冷たい態度を取るというわけじゃない。でも、その人と接するときに、心の周りに盾を建ててください。つまり、彼らがあなたの感情を気にしないことを覚えて、自分の心を彼らの言葉と行動に対して、準備してください。自分自身を騙さないでください。彼らが本当に変化したことを証明するまで信頼しないでください。

でも、彼らが変化するかどうか、神様は「心の中で苦い感じを持ち続けないべきです」と言います。「復讐を求めるな。」と言います。

つまり、その人を許すべきです。許しは、「私を傷つけてもいいです」という態度を取るわけじゃないです。でも、許しは苦さを放すという意味です。許しはその人が私に負っている考え方を放すという意味です。また許しは復讐を放すという意味です。

最後に、神様は「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。」と言います。(18節)

つまり、イエス様が言ったように、「自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。」(マタイ7:12)

相手があなたに対して優しくすることを期待しないでください。多くの場合、そうしてくれない。でも、愛と親切さをもらいたいように、愛と親切さを相手に与えてください。彼らは変化するかもしれない。変化しないかもしれない。あなたは彼らの行動をコントロール出来ない。でも、あなたは自分自身の行動をコン トロールできる。だから、自分自身に聞かなくてはならないのは、「彼らは変化するでしょうか」ではなくて、「私は変化するでしょうか」ということです。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, レビ記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中