レビ記17章 ーー 血の意味

日本では、だいたいみなは自分の血液型を知っている。だから、多くの人は友達に聞きます。「あなたの血液型は何ですか。」ずっと、たくさんの人は私にその質問を聞いたけど、私は「知らない」と答えた。みなはびっくりして、聞いた。「でも、もし、入院するときに、血液が必要なら、どうする?」

でも、多分、そんな状態だったら、私はもう意識がない状態だと思うから、その質問は意味がないと思う。

とにかく、やっと私は自分の血液型を知るようになった。私はA型です。血液型について考えたら、みなはその人にいろんな意味をつけます。A型だったら、責任を取る人だけど、ちょっと頑固な人です。O型だったら、ちょっと責任にとってはルースな人です。O型だったら、優しいけど、決断するのが遅いです。

でも、神様は人と動物の血にたいして違う意味をつけた。そして、この箇所で、犠牲の意味と、どうして必要か教えて下さった。11節でこう書いてあります。

なぜなら、肉のいのちは血の中にあるからである。わたしはあなたがたのいのちを祭壇の上で贖うために、これをあなたがたに与えた。いのちとして贖いをするのは血である。

神は血を命と関連づけます。罪のための罰は死だから、罪深い人たちが赦されるために、無罪の人がその罰を受けなくてはならない。その人の血は、つまり、その人の命は私達の命のために捧げなくてはならない。

旧約聖書の時代に、動物の命を人の命の代わりに捧げた。でも、それはただ完全の犠牲の絵でした。つまり、イエス様は十字架で私達の罪のために死んだことです。イエス様の死によって、もはや動物を捧げることが要りません。イエス様は最後の犠牲でした。

ヘブル人への手紙の作家はこう書いた。

血を注ぎ出すことがなければ、罪の赦しはないのです。。。しかしキリストは、ただ一度、今の世の終わりに、ご自身をいけにえとして罪を取り除くために、来られたのです。そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、 キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られ るのです。(ヘブル9:22、26ー28)

私が好きな歌でこう書いてあります。

あなたの血は私を清める。
あなたの血は私に永遠の命を与える。
あなたの血は私の罪を贖う犠牲によって取り去った。
その血は私を洗って、雪よりも私が白くなる。
私のイエス様。あなたは神様の尊い犠牲です。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, モーセ五書, レビ記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中