レビ記16章 ーー 贖い

毎年一度、イスラエル人は贖罪の日をお祝いした。その日、皆は罪を告白したし、神様は、絵を通して、本当の贖いがどのように来るか示しました。

贖罪の日に、いくつか面白いことがあります。一つは仕事してはダメでした。

なぜなら、この日に、あなたがたをきよめるために、あなたがたの贖いがなされるからである。あなたがたは、の前でそのすべての罪からきよめられるのである。(30)

その絵がはっきりした。イスラエル人は自分の努力で、罪を贖うことができなかった。むしろ、彼らの贖いがなされた。自分の働きによって、罪を清めることができなかった。ただ大祭司の働きによって、罪が清められた。そのように、私達の働きによって、自分の罪を清めることができない。私達の努力が私達を救うことができない。大祭司イエス・キリストの十字架の働きだけが私達を救うことができます。

2つ目は、大祭司しか、だれも幕屋に入って神様の前に来ることができなかった。大祭司が皆のために罪を贖う時に、ほかの祭司でも、幕屋に入らなかった。

そのように、イエス様は十字架で、罪を贖った時に、他の人がその働きができなかった。使徒でも、祭司でも、できなかった。イエス様だけができた。イエス様が言ったように、

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

三つ目は山羊が二匹選べれました。一匹は皆の罪のために死にました。そして、大祭司は二匹の山羊の頭の上に手をおいて、皆の罪を告白しました。そのあとで、その山羊を砂漠に連れて行って、解放しました。もはや誰もその山羊を見なかった。これはイエスキリストの働きの素晴らしい絵でした。イエス様は十字架で、私達の罪 のために罰を受けてくださいました。その罪を負った時に私達からその罪を取り去った。詩篇103:12で、こう書いてあります。

東が西から遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される。

イエス様、あなたの愛を感謝します。あなたは私達の大祭司として、罪を贖いました。私達が自分を救うために何もできない時に、あなたは助けてくださって、ありがとうございます。私達の罪を負って、東が西から遠く離れているように私達の罪を私達から取り去ったことを感謝します。あなたの恵みと哀れみを感謝します。今私があなたの働きによって、神様に近づくことができることを感謝します。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: レビ記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中