レビ記11ー15 ーー 清いもの、汚れたもの

速く進んでいるね。4日間で15章を読みました。すごい!とにかく、この箇所はイスラエル人にとってはとても大切なことでした。それは清いものと汚れたものということです。

この箇所の鍵は11章45で書いてあります。

わたしは、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出したであるから。あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。

つまり、神様が聖い方ですから、神様はイスラエル人も聖くなるように望みました。だから、清いものと汚れたものというコンセプトがあった。47節で、神様は言った。

汚れたものときよいもの。。。とが区別される。

どうして、神様はそんなに細かく清いものと汚れたものというルールを作ったでしょうか。私が全部が分かると言えない。一般的に、たぶん健康的と衛生的な理由でそのルールがあったかもしれない。神様が具体的な科学的な説明を言えたけど、そうしたら、多分イスラエル人が分からなかったかもしれない。だから、神様はただ「これは清いものだけど、これは汚れたものだ」と言った。

でも、この清いものと汚れたものの話から2つのことが学べると思います。一つ目はイスラエル人を汚すものがあった。そして、神様は言った。

あなたがたは、イスラエル人をその汚れから離れさせなさい。彼らの間にあるわたしの幕屋を汚し、その汚れたままで彼らが死ぬことのないためである。(15:31)

つまり、神様との関係のために、イスラエル人が清くならなければならなかった。私達もその通りです。でも、神様は食べ物とか、かびとか(13:47のツァラアトというのはかびということです)、皮膚病についてそんなに心配していない。むしろ、神様は私達の心を汚すものについて心配している。それは何でしょうか。イエス様はこう言った。

人から出るもの、これが、人を汚すのです。内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、 盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。(マルコ 7:20ー23)

つまり、神様の目で、私達の罪は私達を汚す。だから、神様と親しい関係が欲しいなら、罪から逃げなくてはならない。

2つ目は、かびと伝染病のように、気をつけないと私達の人生に罪が広がる。それに、罪は私達から広がって他の人に触れる。例えば、子供たちは両親の罪を見て、真似する。また、私達の罪で他の人を傷つける。

だから、かびと伝染病のように私たちは極端な方法で、罪を扱わなくてはならない。かびが壁に出ていた時に、イスラエル人が壁の部分を取り出した。もし、そ のあとで、かびがまた出たら、その家を壊してしまいました。伝染病の場合は、その皮膚病のある人は皆から離れて、一人で住まなくてはならなかった。

そのように、私たちは罪を扱わなくてはならない。イエス様はこう言った。

もし、右の目が、あなたをつまずかせるなら、えぐり出して、捨ててしまいなさい。からだの一部を失っても、から だ全体ゲヘナに投げ込まれるよりは、よいからです。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切って、捨ててしまいなさい。からだの一部を失っても、から だ全体ゲヘナに落ちるよりは、よいからです。(マタイ5:29ー30)

もちろん、イエス様は大げさに言っていたけど、その意味は罪を自分の人生から追い出すために、極端に扱うべきです。

この箇所のテーマは聖さです。私たちは神様の前に聖いでしょうか。神様は言った。「あなたがたは聖なる者となりなさい。わたしが聖であるから。」

聖なる者になるために、イエス様は十字架で死にました。私達を赦して下さったし、私達に聖なる者なるために力を与えてくださいました。

ペテロはこう書いた。

というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。(2ペテロ1:3)

良かったのは私たちが自分の力で聖なる者になる必要がない。神様がその力を与えて下さったから、そのように生きましょう。

神様、あなたは聖なるものですから、私も聖なる者になりたいです。そのために、あなたは私に力を与えてくださって、感謝します。私の人生に罪が広がらないように。また、私の罪が他の人に広がらないように。私が聖なる者になるためにイエス様が死んでくださって、感謝します。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: レビ記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中