出エジプト記34章5ー7 ーー 愛の神様、正義の神様

神様はどのような方でしょうか。神様の性格は何でしょうか。

神様は自分自身をモーセに表した時に、その質問に答えた。神様はこう言った。

主、主は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者。(6-7)

旧約聖書の中で、その言葉は何回も、何回も書いてあります。言葉がほとんど変わらずに、5回書いてあります。(出エジプト記34:6ー7;ネヘミヤ記9:17;詩篇86:15;ヨエル書2:13;ヨナ書4:2)

主は哀れみ深いです。聖書を読むと、たくさんの例を見ます。荒野で、神様はハガルという人を二回助けて下さいました。一回はアブラハムと寝て妊娠した時に、サライに追い出された。そして、イサクが生まれた時に、ハガルとイシュマエルがもう一回追い出された。でも、神様はハガルと話して、励ました。そして、ハガルとイシュマエルを世話した。

神様は情け深いです。英語の聖書は「恵み深い」という言葉を使います。つまり、私達が値しないのに、神様はいろいろ与えてくださいます。例えば、ヤコブは神様がくれたものに値しなかった。ヤコブは詐欺師だし、とても頑固でした。彼はいつも自分の道を行きたかった。でも、ヤコブが怖がって、兄エサウから逃げた時に、神様はヤコブに会いに行きました。そして、アブラハムとイサクに与えた約束をヤコブにも与えた。それに、神様はエサウの心の中に働いたから、ヤコブはエサウと和解できた。

神様は怒るのにおそく、恵みとまことに富む方です。アダムとエバが罪を犯した時に、神様は怒りに燃えていなかった。むしろ、愛と自分の忠実さを表した。つまり、服を備えたし、救い主を送ることを約束した。

神様は恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者です。神様はその恵みをイスラエル人に示した。何回も、イスラエル人が反抗したのに、何回も、神様は赦して下さいました。神様はイスラエル人を絶えずに愛し続けた。

皆は神様についてそんな言葉が大好きです。私たちは神様の愛と哀れみと赦しについて聞くのが大好きです。でも、それだけ言ったら、神様の全体が分からない。神様はこれも言った。

罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に。(7)


以前、私はその言葉の意味を説明しました。

でも、覚えていなくてはならないのは、神様は正義の神だということです。多くの人々はそのことが好きですけど、彼らが自分自身も罰を受けなくてはならないことを聞いたら、文句を言い初めます。

「私はそんなに悪くないよ。私はたくさんのいいことをするよ。私は時々嘘をつくかもしれないけど、皆もそうするでしょう?そして、どうして彼女と寝ることは悪いでしょうか。彼女を愛しているよ。時々妻と子供に対して怒るけど、しょうがないです。このようなことによって、私は地獄に行かなくてはならないでしょうか。」

そうです。地獄に行かなくてはならないです。神様はすべての罪を罰しなくてはならないです。神様は忍耐強いですけど、私達が悔い改めないと、罰を受けなくてはならない。神様に反抗したら、あなたが亡くなったら、神様とともに住むことはできないです。永遠に神様から離れて、地獄に行きます。

でも、いい知らせがあります。地獄に行く必要が無いです。イエス様は十字架で死なれて、あなたの罪のために罰を受けてくださいました。そして、イエス様の働きを信じて、赦しを求めたら、神様があなたの罪を赦してくださいます。でも、自分の道を行き続けるのはダメです。神様に反抗し続けるなら、「神様は愛の神だから、もちろん私を赦してくださいます。」と言えない。

神様は愛の神です。でも、神様は正義の神でもあります。もし、神様の救いの道を拒絶して、つまりイエス様を拒絶したら、神様の正義に直面する。ヘブル人への手紙でこう書いてあります。

もし私たちが、真理の知識を受けて後、ことさらに罪を犯し続けるならば、罪のためのいけにえは、もはや残されていません。

ただ、さばきと、逆らう人たちを焼き尽くす激しい火とを、恐れながら待つよりほかはないのです。

だれでもモーセの律法を無視する者は、二、三の証人のことばに基づいて、あわれみを受けることなく死刑に処せられます。

まして、神の御子を踏みつけ、自分を聖なるものとした契約の血を汚れたものとみなし、恵みの御霊を侮る者は、どんなに重い処罰に値するか、考えてみなさい。

私たちは、「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする」、また、「主がその民をさばかれる」と言われる方を知っています。

生ける神の手の中に陥ることは恐ろしいことです。(27-31)

だから、私たちはもはや神様に反抗しないようにしましょう。神様は私達に哀れみを与えたいです。私たちが悔い改めたら、神様は赦してくださいます。もし、まだしていないなら、今日しませんか。第二コリント6:2で書いたように。

今は恵みの時、今は救いの日です。

神様、私はあなたを拒絶した。私は自分自身の道を行って、イエス様を踏みつけた。赦してください。イエス様が私の罪のために死んで下さって蘇られたことを信じます。私の主になるように。あなたの道を行きたいです。イエス様の名前によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中