出エジプト記32章 ーー してはいけないことをすること

それでは、モーセの話に戻りましょう。ずっと、律法や幕屋と祭司の話について読んだけど、やっとアクションがあります。残念なことだけど、アロンとイスラエル人は大変に悪いことをしました。モーセが神様に会うために山に登った40日間あとに、また、イスラエル人が神様と神様の道に従うことを約束した40日後に、彼らは忍耐を失った。そして、アロンに言った。

さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。(1節)

アロンはそれを聞いて何をしたでしょうか。この大祭司アロン。このイスラエル人のリーダーアロン。この神様に従うアロン。どう返事しましたか。

「はい。分かりました。そうしましょう。」

私は信じられない。アロンはモーセと一緒にパロに面と向かったのに。素晴らしいの奇跡を見たのに。アロンは皆の前に立って、「絶対ダメです。ひどいことをするな。モーセのために待ってください。必ず帰ります。」と言うはずなのに。

でも、アロンは「はい、分かりました。そうしましょう。金を集めてください」と言いました。そのあとで、その金で、偶像を作りました。そして、アロンは言った。「これはあなたの神です。」どうして、そんなひどいことをしたでしょうか。

私は分からないけど、多分、アロンはこう思ったかもしれない。「私は本当に神様に背を向けていないです。神様の名前をまだ使っているからです。」

彼はイスラエル人に言った。

これがあなたをエジプトの地から連れ上ったあなたの神だ。。。あすは主(つまり、「エホバ」か「ヤハウェ」)への祭りである。(4ー5節)


つまり、アロンが言ったのは「この偶像はヤハウェのシンボルです。ヤハウェをほめたたえよう。明日ヤハウェへの祭りを祝います。」ということです。

そして、いつも通りに、全焼のいけにえをささげ、和解のいけにえを供えたけど、その偶像をヤハウェと名付けた。

あとで、モーセがアロンに面と向かって、「一体何をしたか」と聞いた時に、アロンは言った「このイスラエル人のせいです。彼らは見える神が欲しかったのです。そして、私が金を火に投げ入れたところ、この子牛が出て来たのです。マジックでした。」(22ー24節)

八歳の子供の言葉みたいです。80歳の人から聞くはずがない。でも、アロンはそう言っていた。

アロンを批判するのは簡単です。でも、神様の祭司として、どれぐらい私達はそのようなことをするでしょうか。どれぐらい私たちは仲間の集団圧力に負けるでしょうか。例えば、上司から圧力を感じて、計理の記録に嘘を書く。もしくは家族から圧力を感じて、洗礼を受けない。もしくは友だちから圧力を感じて、彼らと一緒に悪いことをする。

そして、私たちは言い訳を言う。アロンのように私たちは自分自身に言って、「私の行動はそんなに悪くないでしょう?私はまだ神様に仕える。神様は理解しているでしょう?私はそうしなければならなかった。」

それとも、「私のせいじゃないです。私はムリにさせられた。」

そして、私たちは馬鹿馬鹿しい言い訳を言うかもしれない。

でも、神様の祭司として、私たちは正しいことのために戦わなくてはならない。私たちは立って、「これは絶対ダメです。私は絶対に参加しない。」

そうしないと、私の証を破壊するし、神様の評判を汚す。ローマ書2:24で、パウロはこう書きました。

神の名は、あなたがたのゆえに、異邦人の中でけがされている。

神様、私は妥協によって、あなたの名前を汚したことを赦して下さい。私が決して仲間の集団圧力に負けないに。むしろ、私が正しいことができるように。私が悪に直面して、「私は参加しない」と言う勇気を与えてください。時々、私はそんな勇気がないからです。でも、あなたの名前を尊重したいです。だから、私が あなたを喜ばせるように生きることができますように助けてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中