出エジプト記28章30 ーー 私達の心の中で神様の真理があること

さばきの胸当てには、ウリムとトンミムを入れ、アロンがの前に出るときに、それがアロンの胸の上にあるようにする。アロンは絶えずの前に、イスラエルの子らのさばきを、その胸の上に載せる。

ウリムとトンミムというのは何でしたか。簡単な答えは、「誰も知らないです。」

ウリムとトンミムの形は誰も知らないし、ウリムとトンミムの使い方は誰も知らない。たくさんの推測がありますが、聖書は具体的な説明を与えてくれない。

でも、神様のみ心と導きが分かるために、大祭司はウリムとトンミムを使ったらしいです。ウリムとトンミムという言葉を直訳したら、「光と完璧さ」という意味です。比喩的に「黙示と真理」という意味です。

私はウリムとトンミムについてあまり知らないけど、大祭司アロンが神様の前に来た時に、それらが胸の上にありました。

ウリムとトンミムの意味について考えたら、2つのことを思い出します。聖書の中で、神様の言葉は私達の人生のために光であることが書いてあります。それに、神様のみ言葉と道が完全だと書いてあります。詩篇119:105で、こう書いてあります。

あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。

また、詩篇18:30で、こう書いてあります。

神、その道は完全。のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。

神様のみ言葉は、神様が自分自身の事と真理を私達に表す方法の一つです。ほかの方法よりも、神様はみ言葉を通して、私達に話します。だから、私たちは人生のために導きを求めているなら、私達の心の中で神様の言葉が必要です。

ヨシュアはイスラエル人をカナンに連れていく前に、かなり心配したらしいです。なぜなら、モーセが亡くなったし、モーセのようにリードできるかどうか、自信がなかったからです。神様は三回言った。

強くあれ。雄々しくあれ。」

多分ヨシュアはリーダーの資格がないと思った。多分、自分の知恵と知識が足りないと思ったかもしれない。でも、神様は彼にこう言った。

この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行うためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。(ヨシュア記1:8)

あなたは神様のみ心を求めているでしょうか。神様がどんな方か知りたいでしょうか。神様の道を知りたいでしょう か。そうだったら、聖書を読んでください。その言葉について、考えてください。小説のように聖書を読まないでください。電車に乗った時に、散歩するとき に、家事をするときに、読んだことを考えてください。寝る前に、その言葉を考えてください。その言葉を暗記してください。でも、その全てよりも、その言葉に従ってください。そうすれば、あなたのすることは繁栄し、また、栄えることができるからです。人生でも、仕事でも、人間関係でも、愛の関係でも、何をしても、うまくいきます。

神様、あなたのみ言葉が私の心の中に住むように。あなたの言葉を教えて下さい。私は良い決断ができるし、あなたを喜ばせたいからです。あなたは自分自身を私に表してくださって、また、あなたの真理を表して下さって感謝します。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中