出エジプト記28章1−3 ーー 尊厳と名誉を着せられた

この箇所を読んで、印象に残っているのは、祭司の服ついての言葉ということです。つまり、その服のデザインは祭司に栄光と美を与えるためでした。英語の翻訳で、「尊厳と名誉」を与えるためでした。

もちろん、祭司たちは完ぺきな人じゃなかった。大祭司は至聖所に入った時に、ただイスラエル人のために犠牲の血を捧げずに、自分自身の罪のために犠牲の血を捧げた。でも、祭司たちは罪人なのに、神様は彼らが尊厳と名誉に値するとみなした。それに神様はイスラエル人が祭司たちを尊敬するように望んでいたから、彼らに栄光と美を与える服を着せた。

この箇所で、私たちが2つのことを学ぶことができると思う。

一つは、祭司たちが尊厳と名誉に値する事とみなされたように、私達は教会で牧師とリーダーが尊厳と栄誉に値する人とみなすべきです。祭司たちのように、私達の牧師たちは完ぺきな人じゃないです。それでも、神様は彼らを私達に仕えるように呼びました。イエス様の十字架の働きによって、彼らの罪は赦されて、イエス様着せられました。神様は彼らに尊厳と名誉着せました。だから、私達も彼らをそのようにみなすべきです。

ヘブル人への手紙の作家はこう書いた。

17 あなたがたの指導者たちの言うことを聞き、また服従しなさい。この人々は神に弁明する者であって、あなたがたのたましいのために見張りをしているのです。 ですから、この人たちが喜んでそのことをし、嘆いてすることにならないようにしなさい。そうでないと、あなたがたの益にならないからです。


パウロも書きました。

17 よく指導の任に当たっている長老は、二重に尊敬を受けるにふさわしいとしなさい。みことばと教えのためにほねおっている長老は特にそうです。(第一テモテ5:17)

どれぐらい、教会の人たちは牧師が尊厳と名誉に値することとみなさなくて、その教会は崩壊したでしょうか。そのメンバーたちは牧師を攻撃したり、ゴシップのネタにしたり、文句を言ったり、尊敬しない。神様は牧師が教会の世話をするために呼んだのに。

多くの牧師たちはこのような問題によって、ミニストリーが崩壊しました。でも、それは神様のみ心じゃないです。私たちは牧師たちが尊厳と名誉に値する人とみなすべきです。神様はそう考えますから。

でも、旧約聖書時代の祭司について考えたら、私たちは何かを覚えていなくてはならない。私達も祭司として呼ばれた。(第一ペテロ2:4、9;黙示録1:6)。

そして、神様の前に来るときに、私たちもイエス様を着せられました。イエス様の血によって私達の罪は覆われて、私達の過去について、恥じる必要がない。私達が赦されて、神様からの尊厳と名誉を与えられた。

多くのクリスチャンは「神様はあなたを神の国のために用いたいです。」と聞きますけど、彼らはこう考えます。

「どうやって、神様は私を用いることができるでしょうか。私は価値がない。特別な賜物とか才能がないし。それに、私の過去はすごく悪かった。神様は私のような人を用いることができないでしょう?」

でも、神様はあなたを見たら、そう考えません。あなたがイエス様を着せられて、あなたの罪は赦された。神様はあなたの罪を見ない。あなたの失敗を見ない。あなたの恥を見ない。むしろ、神様自身が尊厳と名誉を着せた人を見ます。

だから、神様はあなたを祭司として呼んでいます。周りの人に触れるようにあなたを呼んでいます。

あなたは自分自身をどのように考えているでしょうか。神様が尊厳と名誉を着せた人として、考えていますか。もしくは、ただ自分の恥だけについて考えていますか。神様はあなたが自分自身についてそう考えて欲しくないです。あなたは神様の祭司です。神様からの尊厳と名誉を着ている。だから、そのように生きましょう。

神様、あなたは私の罪と恥を取り除いて下さって、感謝します。あなたは私に尊厳と名誉を着せて下さったことを、感謝します。私がサタンの嘘を聞かない様に。私はあなたによって、価値があるから。私の過去について恥をもう感じなくても良いからです。毎日、私があなたの祭司になるように。私が周りの人々に触れることができますように。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中