出エジプト記27章 ーー 罪の問題を扱うこと

私の妻と結婚したちょっとあとで、そのおじいさんが亡くなって、私たちは通夜と葬式に行った。おじいさんは仏教徒だったので、仏教の式でした。通夜の時に、お坊さんはちょっと面白いことを言った。つまり、阿弥陀の愛と恵みによって、人々は天国に行くことができる。キリスト教のメッセージと似ていたから、私の妻はちょっとびっくりしました。

私が大学生の時に、私もそう思った。その時、私は宗教の授業に出た。クラスで、教授は阿弥陀の礼拝について話 しました。それは、阿弥陀の恵みと愛によって、人々が救われたというものでした。それを聞いて、私もびっくりしました。初めて、キリスト教以外に、そのようなメッセージを 聞いたからです。だから、私は考えた。「キリスト教とその仏教はどう違うでしょうか。」

答えはすぐに出た。阿弥陀の宗教は罪の問題を全然扱っていない。罪は赦されますけど、正義が全然ないです。阿弥陀は罪を罰しない。キリスト教は違います。赦しがありますけど、代価がありました。正義の為に、代価を払わなくてはならない。

だから、旧約聖書の時代に、神様は罪のために犠牲を要求しました。もし、誰かが幕屋の庭に入ったら、一番最初に見るのが犠牲のための祭壇です。庭に入るのに、戸口が一つしかなかったし、祭壇も一つしかなかった。なぜならば、神様は皆に何かを伝えたかったからです。それは、神様の前に行く道が一つしかないし、罪を扱うために一つの方法しかないということです。牡牛か山羊は祭壇に連れて行って、殺されて、祭壇の上に焼いた。

その犠牲を通して、神様が私達に思い出させたかったのは、二つのことです。

一つ目は、私達は皆、罪を犯します。そして、罪は深刻な問題なので、その結果がいつも死です。

二つ目は、全世界の罪のためのもっと完全な犠牲を捧げる日を指した。

どうして、イエス様の犠牲はもっと完全でしたか。

一つ目は、牡牛は死を選択しなかった。むしろ、祭壇に連れて行かれて死んだ。

二つ目は、牡牛は正しいと悪い行動という事がよく分からなかった。牡牛は無罪だったけど、罪を犯すか罪を犯さないか選べなかった。つまり、選択によって無罪じゃなかった。無知によって無罪でした。

三つ目は、牡牛はどんなに完全でも、牡牛の命は人間の命と等しくないです。

でも、イエス様はこの世界に来たときに、人間として来た。人間として私達と等しかったし、神様として、イエス様は私達より偉大な方でした。だからイエス様は自分自身の偉大の命を私達の命の代わりに捧げた。

それに、イエス様は義と罪の意味をよく分かっていたけど、義の道をいつも選んでいた。イエス様の罪の無さは自分自身の選択によりました。

最後に、イエス様の犠牲は自分自身の選択でした。イエス様は死なないことを選べられたけど、私達に対して愛のために死んでくださいました。

こういうわけで、イエス様の犠牲はもっと完全でした。そして、イエス様は死んだ時に、私達の罪のために罰を受けてくださいました。

ヘブル10:14で、こう書いてあります。

キリストは聖なるものとされる人々を、一つのささげ物によって、永遠に全うされたのです。

幕屋の庭にある祭壇は罪の問題を思い出させる。阿弥陀の宗教はその問題を扱いません。他の宗教は罪を扱うために色んな良い行動を要求する。でも、神様の庭に入るのに一つの戸口しかなかったように、また一つの祭壇しかなかったように、罪の問題を扱うのに一つの方法しかないです。それはイエス・キリストです。イエス様だけを通して、罪を扱うことができます。

あなたの罪はどうですか。もう赦されましたか。ローマ6:23でこう書いてあります。

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中