出エジプト記23章23−33 ーー 罪と戦うこと

この箇所を読むときに私は私たちの罪と戦いについて考えます。

神様が言ったのは、イスラエル人はカナンに入ると神様がその敵を追いだして、全く滅びるということです。

そのように、神様は罪を追い出すために私達の人生の中で働いています。だから、神様は私たちの人生の中で、罪がちょびっとでも残ることを望んでいない。罪はガンみたいです。もし全部を取ってしまわないと、すぐに広がる。だから、神様はイスラエル人に言った。

(その偶像を)徹底的に打ち壊し、その(神々の)石の柱を粉々打ち砕かなければならない。(23節)

そのように、神様の力で罪は私達の人生から追い出されるけど、私たちがしなければならないことがあります。神様は「私はカナン人を消し去る」と言ったけど、31節で、「あなたが彼らをあなたの前から追い払う」と言いました。つまり、私たちは活発に罪と戦わなくてはならない。例えば、私たちは罪を起こさせる妨げになるものを捨てるべきです。ポルノとか、悪い友達とか、もし、何かがあなたに罪を犯させるなら、捨てたほうがいいです。

それだけではなくて、神様はイスラエル人に言った。

あなたは、彼らや、彼らの神々と契約を結んではならない。彼らは、あなたの国に住んではならない。彼らがあなたに、私に対する罪を犯させることのないためである。それがあなたにとって罠となるので、あなたが彼らの神々に使えるかもしれないからである。(32ー33節)

そのように、罪が私達の心に住むことを許さないべきです。また、罪と契約を結ばないべきです。「罪と契約を結ぶ」というのは何でしょうか。一言で言うと、妥協です。

「この映画はちょっと道徳的に怪しいですけど、見る。」

それとも、「怒りを持ち続けるのはダメだと知っているけど、彼が謝るまで、私の怒りを持ち続ける。」

それとも、「わがままだったらダメだと知っているけど、私は欲しいです。私はそれに値している。」

どれぐらい私たちはそのような妥協をするでしょうか。神様は「そうするな」と言います。「あなたの心に住むことを許すな。あなたにとって罠になる。」

最後のポイントです。一つの戦いだけでは、罪を征服できない。神様はこう言った。

あなた方が増え広がって、この地を相続地とするようになるまで、私は徐々に彼らをあなたの前から追い払おう。(30節)

そのように、罪に対する勝利は時間がかかります。徐々に神様は勝利を与えて下さいます。時々、その戦いは大変に難しいです。時々、私たちは倒れます。でも、勝利はかならず来る。だからあきらめないでください。

神様、私が罪と妥協しないように助けて下さい。私が罪が心に住むことを許さないように。私の心から罪を追い払ってください。そのために、私が良い決断ができるように助けて下さい。私が倒れるときに、私ががっかりしないように。でも、私が徐々に勝利ができながら、私が喜びを知るように。あなたの恵みのために感謝します。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中