出エジプト23章1−3 ーー 群衆にならうこと

私は幼年時代のある思い出があります。ある日、私のクラスメートたちは私をからかっていた。どうしてか覚えていない。でも、私の友達の反応をよく覚えている。私の隣に来て、こう囁いた。

「私もあなたをからかうけど、気にしないでね。本気じゃないからです。」

私は頷いたあとで、彼が私をからかいはじめた。

私たちの関係を潰さなかったけど、振り返ったら、かなりひどかった。私を全然守ってくれなかった。むしろ、彼はみんなにならって、私をからかいました。

でも、私もそのようなことをしたことがあります。皆が全然人気がない人をからかいはじめる時に、私も参加しました。その人が私の友達じゃなかったけど、私は悪かった。

神様はこの箇所で言いました。

悪を行う権力者の側に立ってはならない。(2節)

英語ではちょっと違う翻訳です。それは、「悪を行う群衆にならうな。その悪い行いを真似するな。」ということです。

この箇所は特に不当な証言についてです。つまり、皆が不当な証言をしても、あなたは皆にならって、不当な証言をしてはならない。

十戒の話で、私はゴシップと中傷について、もう書きましたから、そのことをあまり焦点に当てない。でも、その二つのところで、群衆(多数決の意見)にならうのは簡単なことです。誰かが他の人を悪口し始めて、あなたも悪口し始める。「そう。そう。彼はね。。。」

でも、そんな話は人を破壊し、教会も破壊する。どれぐらい、誰かが牧師を批判して、他の人も参加するから、すぐに牧師は包囲攻撃の状態になるでしょうか。神様はそのようなことを憎む。だから、神様は命令した。「群衆についていくな。そんな悪い言葉を言うな。」

でも、どの状態でも、悪を行う群衆についていってはならないです。どれぐらい、私たちはそうするでしょうか。どれぐらい私たちは「皆はそうしているからね」というでしょうか。それは言い訳じゃないです。

神様は私達が群衆についていくことを望んでいない。私達が神様についていくことを望んでいます。教会に行く時だけではなくて。でも、職場でも、うちでも、どこに行っても、私達が神様についていくことを望んでいる。

あなたはどうですか。誰についていっているでしょうか。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中