出エジプト記21:12ー22:15 ーー 罪の深刻さ

この箇所は十戒の解説みたいです。特に、「父と母を敬え」、「殺してはならない」、と「盗んではならない」の解説です。私が思うのは、多分この律法 は実際の裁判例から来たということです。だから、私達にとってはちょっとつまらないかもしれないけど、彼らにとっては本当に実用的でした。

私が印象に残っていることは、神様は罪が深刻なことだと思うということです。モーセの時代に、父と母を敬わないことは今より、深刻なことでした。今、子供が両親を殴ったり、呪ったりする話を聞きます。モーセの時代にそれが起こったら、子供が死ぬ。多分、その子供の年齢を考慮した。その息子は五歳だったら、多分殺されなかった。ユダヤ人の文化で、13歳になったら、成人とみなす。多分、成人に なったら、自分の行動のために責任があるから、その場合、両親を殴ったり、呪ったりしたら、息子か娘が殺される。それでも、かなり厳しい罰です。なぜな ら、神様は父と母を敬う命令はそんなに大切だと思うからです。

殺人も死罪でした。盗難は死罪じゃなかったけど、罰はかなり厳しかった。盗まれたもののために払わなくてはならなかったし、懲罰的損害賠償も払わなくてはならなかった。

だから、私たちに聞かなくてはならないのは、神様のように、私達が罪を深刻に考えているでしょうかということです。多くの場合、私たちはそうしない。たくさんの人は言い訳する。もしくは、人は「私の行動はそんなに悪くなかった。小さいことだけだったし。」と言う。

でも、神様にとっては、罪はとても深刻なことです。だから、イエス様をこの世界に送って、イエス様が十字架で、私達の罪の罰を受け入れるために死なれた。

イエス様がそうしたら、どうして私たちは罪を見て、軽く考えるでしょうか。

神様、私が罪を軽く考えないように。私が言い訳をしないように。また、私が「小さいことだけです」と言わないように。私はよくする。赦して下さい。私の人生があなたの目に清いものになるように。あなたは完全な方ですから、私も完全になりたいです。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中