出エジプト記21章1ー11 ーー 愛によって仕える事

それでは、これからはちょっとイスラエル人の社会の律法を見てみる。実は私はこの箇所を読むのがあまり楽しみじゃなかった。この律法の文化的な背景を具体的に説明したくないです。
だから、私はこうします。この箇所を読んで、もし何か面白いことがあれば、そのことについて話します。このブログがバイブルスタディーよりもディボーションみたいですから、いつも通りに、私は聖書から実用的なことを見つけたいです。

私はこの箇所がちょっと面白いと思う。なぜなら、私たちのキリストとの関係があるから。

その時代、イスラエル人は他の人に奴隷として自分自身を売りました。なぜなら、彼らが払えない負債があったとか、犯罪を犯して、そのためにお金を払わなくてならないけど、お金がなかったからです。

普通は、六年間ぐらい、奴隷として働きました。でも、その主人が奴隷に他の奴隷を妻として与えたら、奴隷は自由になると、奥さんと子どもを連れていけなかった。その奴隷は自由になっても、その妻と子供は自由になりませんでした。

実はその律法はちょっとはっきりしていないです。多分、結局その妻と子供は自由になるはずです。なぜなら、多くの場合、その女の人が奴隷になる目的は、その主人かその主人の息子を結婚するためです。でも、他の奴隷と結婚したら、それはもうできない。7ー11節によると、もし主人が奴隷と結婚しないと、それとも、その息子と結婚しないと、奴隷を自由にしなければならなかった。 でも、いつ解放しなければならないか、ちょっと微妙です。多分6年間ぐらいと思うけど、私は分からない。私はモーセに ちょっと聞きたいですけど。

とにかく、奴隷は自由になって、妻と子供を残したくなかったら、彼はいつまでも主人の奴隷になる選択ができた。彼は主人の戸口の柱のところに行って、耳を錐で、刺し通した。その時、その奴隷はこう言った。

私は、私の主人と、私の妻と、私の子供を愛しています。自由の身となって去りたくありません。(5節)

つまり、妻と子供に対して愛によってだけではなくて、主人に対して愛によって、ずっと仕えることを選びました。

そのように、詩篇40篇で、メシア、つまりイエス様はこう言った。

あなたは、いけにえや穀物の捧げ物をお喜びにはなりませんでした。あなたは私の耳を開いて下さいました。あなたは、全焼のいけにえも、罪のいけにえも、 お求めになりませんでした。その時私は申しました。「今、私はここに来ております。巻物の書に私のことが書いてあります。わが神。私は御心を行うことを喜 びとします。あなたの教えは私の心の中にあります。」

「私の耳を開いて下さいました」ということは、多分この奴隷の耳を刺し通す習慣について話しています。つまり、イエス様が言ったのは、「父よ。あなたを愛するから、私はあなたに従って仕えます。」ということです。

私達の関係は何でしょうか。そのイスラエル人の奴隷のように、私たちは大変な状態になっていたから、神様の御前に行った。私の罪の負債は重荷だったし、私たちの人生はめちゃくちゃになったし、霊的に貧しかった。でも、私たちが神様のところに行ってから、私が分かったのは神様がいい主人だということです。そして、神様が私達を本当に愛していることを分かるようになった。

そして、今キリストの血によって、私たちの罪の負債を支払って、私達の人生は回復された。それでも、私たちは神様から離れたくない。むしろ、私たちは神様を愛したり、神様がしてくれたことを覚えたりするから、神様に仕え続けます。

でも、あなたはどうですか。神様に仕えているでしょうか。もしくは自分自身に仕えるでしょうか。もし、神様に仕えたら、どうして仕えるでしょうか。義務の気持ちで仕えるでしょうか。もしくは、神様を愛して、仕えたいでしょうか。

神様、あなたの愛は素晴らしいです。私にあなたがして下さったことを感謝します。私の罪の負債を支払って下さって私のめちゃくちゃな人生を回復して下さって感謝します。だから、私の人生をあなたに捧げます。私の人生があなたに受け入れられる、聖い、生きた供え物になるように。義務のある心から捧げません。あなたを愛しているから、捧げます。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中