出エジプト記20章17 ーー 私たちの心の中にあるもの

今日、十戒の最後の命令を見ます。その命令は十戒の中で独特です。なぜならば、その命令は心の思いを扱うからです。他の命令は私達の行動を扱います。偶像を作るな。神様の御名をみだりに唱えてはならない。安息日を守りなさいなどです。

でも、十番目の命令で、神様は言った。「姦淫を犯さなくても、十分じゃないです。あなたの隣人の妻を欲しがってはならない。盗まなくても、十分じゃないです。あなたの隣人のものを欲しがってはならない。」

神様は私たちの正しい行動だけについて心配しない。私たちの心についても心配する。イエス様は山上の重訓でもっと説明しました。イエス様はこう言いました。「殺人を犯さなくても、十分じゃないです。誰かに対して、怒りを持ってはダメです。姦淫を犯さなくても、十分じゃないです。情欲をいだいて、女の人を見ると、すでに心の中で姦淫を犯したことになります。」

どうして、神様はそんなに大切だと思うでしょうか。なぜなら、全てよりも、神様は私達の心が欲しいですから。多くの場合、神様はイスラエル人に対して、フラストレーションを感じた。なぜなら、彼らが礼拝の行動をしても、神様に心を捧げなかったからです。そのように、イエス様はパリサイ人に対して、フラストレーションを感じた。パリサイ人も、上辺では正しい人たちでした。でも、彼らは律法の小さいポイントを守っても、心の中で汚れていました。イエス様はパリサイ人に言った。

忌まわしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなた方は白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいなように、あなた方も、外側は人に正しいと見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。」(マタイ23:27ー28)

私たちはどうですか。私たちの外側は正しいと見えても内側は死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいあるでしょうか。私達の心は本当に神様のものでしょうか。それとも、私たちは振りをしているだけでしょうか。周りの人を騙すかもしれないけど、神様を騙せない。

神様、私の心が本当にあなたのものになるように。私の心の中で、死人の骨がいっぱいあると分かります。取り去ってください。偽善者になりたくない。私の心があなたのものになるように望んでいます。私にとっては本当に難しいことです。あなたの力と恵によって内側から私を変えてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中