出エジプト記20章8ー11 ーー 本当の安息日

去年、私の友達は聞いた。「どうして、クリスチャンは十戒をだいたい守ろうとするけど、安息日を全然守らないでしょうか。」

2つの理由があります。一つはほとんどのクリスチャンは七日の安息日を守らない、つまり土曜日に休まないし教会に行かないけど、クリスチャンの教会が始まった時代から、クリスチャンは日曜日に神様を礼拝し始めたということです。使徒の働き20:7と第一コリント16:2でそう見えます。だから、クリスチャンは安息日を土曜日から日曜日に変えた。多分、毎週キリストの復活を祝うために日曜日に変えた。

でも、2つ目のは、七日の安息日だけが、新約聖書で緩められたということです。コロサイ2:16ー17で、パウロは書きました。

こういうわけですから、食物と飲物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、誰にもあなた方を批評させてはなりません。これらは、次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです。

2つのフレーズが目立っている。一つは、「安息日のことについて、誰にもあなた方を批評させてはなりません。」つまり、七日の安息日を守るクリスチャンを裁いてはならないし、七日の安息日を守らないクリスチャンを裁いてはならない。もし、安息日を守らなくてはならないなら、パウロはそのことを言うことが出来なかった。

でも、2つ目のフレーズはどうして安息日を守る必要がないか説明します。パウロが書いたのは、この食事のルールや祭りや特別の日が、「次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです。」

つまり、これ全部はキリストを予示する。でも、キリストがもう来たから、私たちはもはや影に焦点を当てないほうがいいです。むしろ、本体に焦点を当てたほうがいいです。その本体はキリストです。

ヘブル人への手紙の作家は、3ー4章でそのことについて、もっと書きました。特に、4章9ー11で彼はこう書いた。

したがって、安息日の休みは、神の民のためにまだ残っているのです。神の安息にはいったものならば、神がご自分のわざを終えて休まれたように、自分のわざを終えて休んだはずです。ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例に習って落後するものが、一人もいないようにしようでは ありませんか。

ヘブル人の作家が言いたいのは、神様の民のために安息があります。その安息に入ったものは自分のわざを終えて休む。その意味は2つの可能性がある。一つは、私たちは天国に行く時に、私達の働きが終わります。黙示録14:13でこう書いてある。

また私は、天からこう言っている声を聞いた。「書きしるせ。「今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。」御霊も言われる。「しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。彼らの行いは彼らについていくからである。」

2つ目のは、私たちはクリスチャンになるときに、神様の安息に入って、もはや救いのために働かこうとしないということです。むしろ、キリストの働きに信頼する。

ヘブル3ー4章によって、私はヘブル人への手紙の作家が2つ目のことについて話していると思います。その箇所で、彼はイスラエル人が神様に信頼しなかったから、安息に入らなかったと書いた。その不信仰は不従順になってしまいました。だから4:1ー3で書いた。

こういう訳で、神の安息に入るための約束はまだ残っているのですから、あなた方のうちのひとりでも、万が一にもこれに入れないような事のないように、私たちは恐れる心を持とうではありませんか。福音を説き聞かせられていることは、私達も彼らと同じなのです。ところが、その聞いたみ言葉も、彼らには益になりま せんでした。み言葉が、それを聞いた人たちに、信仰によって、結び付けられなかったからです。信じた私たちは安息に入るのです。

つまり、本当の安息日は週の最初の日じゃないし、週の最後の日じゃないです。本当の安息日は私達が神様の愛と受け入れのために働くことをやめて、イエス様を信じて、キリストの十字架の働きに信頼することです。

ユダヤ人はイエス様に神様のわざを行うために何をすべきでしょうかと聞いたら、イエス様は答えた。

あなた方が、神が遣わしたものを信じること、それが神のわざです。(ヨハネ6:29)

つまり、イエス様が言ったのは「神様の受け入れを得るために、あなたの働きをやめて、安息して、私を信じなさい。」ということです。

だから、一番大切な問題は日曜日か土曜日に神様を礼拝することではない。安息日は神様が私達に与えたい安息の影だけです。

一番大切な問題は、あなたが神様の安息に入っているかどうか。神様の愛と受け入れを得るためにあなたの努力をやめたでしょうか。かえってイエス様を信じて、その十字架の働きに信頼しているでしょうか。その安息を求めなくてはならない。だからヘブル人への手紙の作家が書いたように、

今日、もし御声を聞くならば、あなた方の心をかたくなにしてはならない。(4:7)

むしろ、キリストに信頼して、神様の安息に入ってください。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 出エジプト記 パーマリンク

出エジプト記20章8ー11 ーー 本当の安息日 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: エレミヤ書17章19-27節ーー敬い、信頼、服従 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中