出エジプト記19章1ー8 ーー 神様の宝、祭司の王国、聖なる国民

神様はイスラエル人と素晴らしい契約を結んだ。神様がエジプトからイスラエル人を救いだしたあとで、彼らを神様の宝にすることを約束した。それだけではなくて、祭司の王国と聖なる国民にすることを約束した。

すべての国々の民の中に、神様はイスラエル人を選んだ。彼らは神様の宝になるつもりでした。彼らは周りの国にとって、神様の祭司になるつもりでした。イスラエルを通して、皆は神様を知るようになるつもりでした。また、彼らは神様のために聖別した国になるつもりでした。

でも、一つの条件があった。彼らは神様に従って、その契約を守らなくてはならなかった。残念ですけど、彼らは出来なかった。何回も、何回も、彼らは他の神々に従って、その契約を破った。

それでも、神様はイスラエル人を捨てなかった。パウロが書いたのは、アブラハムとイサクとヤコブのゆえに、イスラエル人がまだ愛されているということです。それに、神様の賜物と召命とは変わることがありません。(ローマ11:28ー29)だから、私は、神様がイスラエル人のためにまだ特別な計画があると思います。

でも今、神様がイスラエル人について言ったことを、クリスチャンについて言います。

第一ペテロ2:9でこう書いてあります。

しかし、あなた方は、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、闇の中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方の素晴らしいみわざを、あなたがたが述べ伝えるためなのです。

イスラエル人と私達と、どう違うでしょうか。一つのことです。彼れの契約は自分の行いによる契約でした。神様の律法を守ったら、大丈夫でした。でも、失敗したら、全部を失った。

でも私たちは神様の恵みによって生きる。私達が神様の宝と祭司と聖なる国になることは、私達の行いによらない。むしろ、イエス様の行いによって、私たちはその全部をもらいます。つまり、2000年前に、イエス様は十字架で死んで、私達の罪の罰を受けてくださった。だから、私達がするべきなのは、イエス様の十字架の働きを信じることだけです。

神様がイスラエル人をエジプトの奴隷の生活から救いだしたように、神様は私達をサタンの国の奴隷の生活から救いだした。そして、神様は自分自身に私達を近づけた。ペテロが言ったように、神様は私達を闇の中から驚くべき光の中に招いてくださった。ペトロは続けました。

あなた方は、以前は神の民ではなかったのに、今は神の民であり、以前は哀れみを受けない者であったのに、今は哀れみを受けた者です。(10節)

そうしたら、私たちは何を学ぶことができますか。私たちは神様の宝、神様の祭司、神様の聖なる民ですから、そのように、生きましょう。「私は取るに足りない」と思うクリスチャンほど、悲しい事がない。そんなクリスチャンは自分が全然スペシャルじゃないと思います。彼らはどうして神様が彼らを選んだか分からないし、神様がどうやって彼らを用いることができるか全然分からない。

でも、神様はあなたを選んだと言います。ちょっと考えてください。この世界の皆の中に、神様はあなたを選んだ。神様はあなたを見て、「この人は素晴らしい」と思って、あなたを選んだ。あなたの性格を知っていた。あなたの長所と短所を知っていた。神様はあなたの過去と現在と未来をよく知っていました。それでも、神様はあなたを選んだ。

あなたは神様の宝です。神様はあなたについて天使に誇ります。イエス様はこのように言っていた。「あなたは素晴らしい値打ちの真珠のようです。」イエス様はあなたのために全部を売り払った。つまり、あなたのために死んでくださった。

ある人はこう言いました。「もし、あなただけが罪を犯しても、イエス様はあなたのために死にました。」イエス様にとって、あなたはそんなに大事な人です。

あなたは神様の祭司です。私達と神様の間に人間の祭司が必要が無いです。イエス様を通して、私達は神様に直接に近づくことができる。イエス様は私たちの大祭司です。でも、今イエス様は私達に何かを頼みます。それは、私達が神様の祭司として、周りの人にイエス様のわざを述べ伝えることです。なぜなら、あなたの周りの人もイエス様を知ることができるからです。

あなたは神様の聖なる国です。あなたは一人ぼっちじゃないです。あなたは教会という体に属する。そして、教会の皆と一緒に、私たちは神様によってこの世界に影響するために呼ばれた。だから、ヘブル人への手紙の作家はこう書いた。

また、互いに勧めあって、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。ある人々のように、一緒に集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。(ヘブル10:24ー25)

神様、私が完璧じゃなくても、あなたが私を選んだことを感謝します。私がどうしてか分からないけど、あなたが私を宝物として見ることを感謝します。あなたが 私を闇から救い出して、光に連れてきてくださって、感謝します。だから、私があなたの祭司として、あなたの民と一緒にあなたの光を周りの人に照らすように助けて下さい。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中