出エジプト記7ー11章 — 頑固さとプライド

私はこの箇所を読む時に、パロの頑固さに驚いている。パロの呪法師が最初の3つの奇跡を真似できて、パロの頑固さがちょっと理解できる。でも、そのあとで、パロは言い訳がなかった。なぜならば、モーセの言葉によって、いろんなトラブルが来たり無くなったりしたからです。それに、エジプト人は苦しみながら、神様がイスラエル人を守りました。パロの家臣たちさえ、信じ始めて、パロを説得しようとした。でも、パロは信じることを拒否した。なぜでしょうか。

たぶん、プライドが強すぎて、「私は絶対に屈服しない。何が起こっても、屈服しない。」

最初の奇跡のあとで、その態度がよく見える。パロの呪法師がナイル川でモーセの奇跡を真似したら、パロは身を返して、自分の家に入った。

パロはプライドを放さなくて、神様を認めることを拒否したから、彼の人生はめちゃくちゃになってしまった。エジプトの経済はモーセの奇跡によって、だめになったし、紅海でパロの​軍隊も滅びた。

パロが馬鹿だったと言うことはたやすいです。でも、私たちはどうですか。私達の人生はめちくちゃになっても、どれぐらい自分のプライドを持ち続けるでしょうか。

どれぐらい、夫たちと妻たちは自分のプライドを持ち続けて、神様の​道を行かなくて、自分の道を行くから、その結婚がだめになってしまうか。

どれぐらい、私たちは自分のお金の使い方がダメなのに、変わらなくて、経済がだめになってしまうでしょうか。それとも、ギャンブルによって、私達の経済はだめになってしまうでしょうか。

どれぐらい神様は聖書か他の人を通して、私達の破壊的な習慣について注意するけど、私たちは悔い改めないでしょうか。

箴言16:18にこう書いてあリます。

高ぶりは破滅に先立ち心の高慢は倒れに先立つ。

私たちがプライドを持って、神様に聞くことを拒否するなら、結局、私たちの人生はめちゃくちゃになります。パロはその通りでした。私達もその通りです。私たちの​関係も、経済も、人生の全てはだめになってしまう。でも、もし私たちが神様の前に謙遜になって、プライドを放して、神様に従うなら、祝福を見つける。私達の関係と経済の中で見つけるし、私達が何をしても、神様の祝福を見つけます。

ヤコブ4:6にこう書いてあります。

神は、高ぶるもの退け、へりくだるものに恵みをお授けになる。

また、ヤコブ4:10にこう書いてあります。

主のみ前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなた方を高くして下さいます。

イエス様、私は頑固になって、あなたの声を聞きたくない時があります。だから、私は苦しんだ。私がプライドを放せるように助けて下さい。へりくだる心を私に与えてください。私にあなたの注意を聞く心を与えてください。そうすれば、私を高くしてくださることを知っているからです。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中