出エジプト記3章11ー17 — 神様は何者でしょうか。私たちは何者でしょうか。

モーセはイスラエル人を救い出すためにエジプトに行きたくなかった。数年前に、イスラエル人を助けようと思ったけど、モーセは拒絶された。でも、神様は「エジプトに戻りなさい。」と命令しました。

モーセが力があるエジプトの若い王子の時に、神様が彼を呼んだら、多分、モーセはためらわない。でも、呼んだ時に、モーセはもう年寄りでした。80歳でした。彼の力と権威はずっと前になくなった。若者の自信と大胆さはもうなくなった。残ったのは砕かれた年寄りの人。

だから、モーセは言った。

私はいったい何者なのでしょうか。 (11節)

「神様。私は取るに足りない人です。羊飼いだけです。力が無いです。エジプトで私はもはや影響力がない。それに、ある時、私は私の民を助けようと思ったのに、彼らは私に背を向けた。だから、私はエジプトから逃げなくてはならなかった。私を遣わしたいでしょうか。」

神様の答えは面白かった。モーセの質問を無視して、答えた。

私はあなたと共にいる。これがあなたのための印である。私があなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出す時、あなた方は、この山で、神に仕えなければならない。(12節)

つまり、「あなたが何者か気にしないです。構わないです。大切なのは、私は何者かです。私はあなたと共にいるから、できるよ。」

どれぐらい、神様は何かを​しなさいと言う時に、私たちが「私は何者なのでしょうか」と尋ねますか。「私は才能が無いです。私は取るに足りない人です。」

でも、神様は答える。「あなたが何者か構わないです。私はあなたと共にいるからです。だから、私はあなたを助けてあげる。あなたはできるよ。」

時々、いったいどうして神様は私を日本に遣わしたかと思います。宣教師として来た
けど、私は別に外交的な人じゃないです。実は私はかなりシャイです。知らない人に会うことが苦手です。スムーズに会話を続けることが苦手です。それに、私の日本語もあまり上手じゃないです。(本当に。このブログで、私の妻はたくさんのミスを訂正してくれる。)だから、どうして、神様は私を選んだでしょうか。知らない。私が知っているのは、神様は私をここに遣わして、私と共にいるということです。そして、私は神様の愛で人々の人生に触れた。

とにかく、神様がモーセの最初の質問を無視したから、モーセは次の質問を聞いた。「あなたは誰でしょうか。イスラエル人のところに行く時に、誰が私を遣わしたかと言いましょうか。あなたの名前は何でしょうか。」

神様は答えた。

私は「私はある。」という者である。あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。「私はあるという方が、私をあなた方のところに遣わされた。」と。(14節)。

それはどういうことでしょうか。その意味は「私は永遠の方です。私は永遠から存在しているし、いつまでも存在する。私は決して変わらない方です。だから、私はアブラハムとイサクとヤコブに約束したことをし、私の民を救いだす。」

この話から、私たちは何を学べますか。アブラハムとイサクとヤコブとモーセと共に歩んでいた神様が、私達と共に歩むことを確信できる。その四人が何回も失敗したのに、神様は彼らを諦めなかったように、私たちを諦めない。神様は彼らに忠実だったように、私達にも忠実です。私たちが罪を犯しても。私たちが​失敗しても。私達は弱さがたくさんあるのに。

だから、あなたは自分のことが嫌いだったら、「私はダメ」と思ったら、神様が何者かを思い出してください。神様の約束を思い出してください。

主ご自身がこう言われるのです。「私は決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」(ヘブル13:5)

私たちは​失敗しても、罪を犯しても、神様が私たちを捨てない。

そこで、私たちは確信に満ちてこう言います。「主は私の助け手です。私は恐れません。人間が、私に対して、何ができましょう。」(ヘブル13:6)

神様がどうやって私たちを用いるいることが出来るかと思うのに、また、他の人の反応を恐れるのに、私たちは確信を持って、「神様は私と共にいて、私を助けてくれる」と言えます。

イエス・キリストは、昨日も今日も、いつまでも、同じです。(へブル13:8)

周りの人が変わっても、私たちの状況が変わっても、私たち自身も変わっても、イエス様は変わらないし、いつも私達に忠実です。

アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 出エジプト記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中