創世記48 — 神様の祝福、神様の御心

ヨセフと父ヤコブの会話は、本当に面白いです。ヤコブはもうすぐ亡くなりそうだったので、ヨセフとその息子たちを祝福するために呼びました。でも、ヤコブはもうほとんど見えなかったから、ヨセフは長男マナセをヤコブの右に立たせて、次男エフライムをヤコブの左に立たせた。なぜならば、その時代の習慣で人の右側 に立った人は左側に立った人より、尊敬された人だからです。

ヨセフはヤコブがマナセにもっと大きい祝福を与えることを望みました。でも、ヤコ ブはヨセフの予想通りにしなかった。ヤコブは手を交差して、右手をエフライムの頭の上において、左手をマナセの頭の上においた。そして、ヤコブはその二人を祝福した。だけど、一番大きい祝福をエフライムに与えた。

ヨセフはヤコブが手を交差したときに、怒りました。「いや、違います、お父さん。もっと大きい祝福をマナセに与えてください。」と言った。

でも、ヤコブは答えた。「いや。分かっているよ。マナセは一つの民となり、また大いなる者となるであろう。しかし、弟は彼よりも大きくなり、その子孫は国々を満たすほど多くなるであろう。」

そして、ヤコブはその二人を祝福しました。

ちょっと皮肉な状態でした。ヤコブは多分自分の経験を振り返ったと思う。つまり、神様はヤコブの母りベカに「次男ヤコブは長男エサウよりおおいなる者となる」と言っていました。イサクの願いに反対したのに。そして、今ヤコブはヨセフに同じようなことを言っています。

こ の話で、神様の御心と祝福について2つのことを学べると思う。一つは、神様の祝福について話すと、私の立場が関係ないです。また、どうやて私たちの周りの人が私たちを見るのは関係ないです。ヨセフの家族で、マナセは長男だから、もっと尊敬された。でも、神様は別の計画があった。神様の御心によって、エフライムの方は大いなる者になった。

あなたは自分が特別な人じゃないと思うから、自分自身を見下すかもしれない。「私は特別の才能がない。私は特別な人じゃない。」「マクドで働いてるだけだし。」 「私は主婦だし。」「私は普通の会社員です。どうして、神様は私みたいな人を祝福したいでしょうか。」

あなたは子供の時に、あなたのご両親はあなたを兄弟たちと比べたけど、いつもあなたの方が負けたかもしれない。「どうして、あなたは兄のようにスポーツができないでしょうか。」「どうして、姉のように、あなたは賢くないか。」

学校に行ったときにあなたはあまり人気者じゃなかったし、今でも、あまり友達がいないかもしれない。

神様はそのようなことを気にしないです。神様は他の人があなたについて、どう考えるか、気にしないです。神様はあなたの立場を気にしないです。神様はあなたを愛している。そして、あなたを祝福したいです。  イエス様は神の国について、こう言いました。

今しんがりの者が後で先頭になり、今先頭の者がしんがりになるどのです。(ルカ13:30)

イ エス様はユダヤ人と話したときに、その言葉を言った。ユダヤ人は、神様の選ばれた民族として、特別な立場があると思った。でも、イエス様が言ったのは、 神の国が来たら、全世界からの人達がいるということです。ユダヤ人だけじゃないです。ユダヤ人は、自分が選ばれて特別な民だと思うけれど、神様によって謙遜にされる。そして、ユダヤ人が見下した人に、神様は栄誉を与えます。

もっと広い読み方で、今ある人は低い立場があって、見下されたかもしれない。でも、あとで、祝福されて、高く上げられます。

だから、自分の立場とか、自分の才能とか、他の人があなたをどう見るかによって、神様の祝福を受けられないと思わないでくさい。イエス様に従って、神様のために生きたら、神様はあなたに祝福を注ぎます。

神様の御心について話すと、一つのポイントを学べると思います。神様の御心は、私の心と時々違います。ヨセフは自分の息子たちのために計画があった。イサク も自分の息子達のために計画があった。イサクとヨセフは長男がもっと偉い立場を取ることを望みました。でも、それは神様の計画じゃなかったです。

多くの場合は私はヨセフのように反応する。ヤコブは自分のプランを伝えたときに、ヨセフは「それはダメです。あなたは間違っている。このようにしてください。」でも、ヤコブは「いや、そうしないよ。私は別の計画がある。」

そのように、私たちは自分の計画があるのに、神様は違うことをする。そして、私たちは「いや。あなたは間違っているよ。このようにしてください。」

でも、神様はこう言います。

人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。(箴言16:9)

そ して、私たちは神様と戦って、自分の道を行こうとすることができる。それとも、私たちは神様に信頼して、神様の道を行くことができる。でも、神様に従う と、祝福を見つける。 ずっと、私は神様が私を日本に導くことを知っていましたけど、神様と戦っていました。でも、神様に従ったら、神様が私を祝福しました。

神様の祝福を求めていますか。どうやって、他の人があなたを見るか構わないです。あなたの立場は構わないです。神様はあなたを祝福したいです。でも、神様の御心は時々私の心と違うことを忘れないでください。そして、神様の祝福を望んだら、神様に信頼して、従うべきです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中