創世記46章1-4 — 苦しむときになんで神様は沈黙しているか

聖書で、神様の民の苦しみについて、たくさんの話がある。でも、ヤコブほど、多分、誰も苦しまなかったと思う。もちろん、ヨブの苦しみはもっと強烈でした。でも、その苦しみはもっと短かったと思う。(私は間違っているかもしれないけど、それは私の印象です。)

多くの預言者が迫害された。神様の言葉を伝えるために、多くの預言者が殺された。でも、神様は沈黙じゃなかった。その預言者とよく話した。でもヤコブの場合は全く違いました。

46章を読んで、私は印象に残っていることが一つあります。神様はヤコブに言った。「私自身があなたと一緒にエジプトに下り、また、私自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」それは良かったけど、その以前の20年間は神様がどこにいたでしょうか。その20年間で、神様の慰める言葉はどこでしたか。なんで、「ヨセフはまだ生きている」と伝えなかったでしょうか。

ヨセフが奴隷として売られて、エジプトの支配者になるまで、13年間でした。そして、七年間で、エジプトに大豊作があった。その後で、ききんがあっ て、ヨセフの兄弟たちはエジプトに行って、ヨセフが自分のことを明かすまで、もう2年たった。それから、やっと、ヤコブはヨセフがまだ生きていることを聞 いた。なんで、神様は何も言わなかったでしょうか。

ヤコブが息子たちに騙されて、ヨセフが死んだと思って、慰めを拒んで、ずっと泣き苦しんでいた。彼はこう言った。「私は、泣き悲しみながら、よみにいるわが子のところに下って行きたい。」(創世記37:35)

何年間たっても、痛みは鈍くならなかった。20年後で、その事件は自分の決断に影響を与えた。ベニヤミン(ヤコブが愛していた妻ラケルの残っている息子)を兄弟たちとエジプトに送らなかった。なぜならば、彼も死ぬかもしれないと思ったからです。そして、その兄弟たちが「ベニヤミンはエジプトに行かなく てはならない」と言ったら、ヤコブは拒否した。彼は言った。「私の子は、あなた方と一緒に行かせない。彼の兄は死に、彼だけが残っているのだから。あなた方の行く道中で、もし彼にわざわいがふりかかれば、あなたがたは、この白髪頭の私を悲しみながらよみに下せることになるのだ。」(創世記42:38)

状態は本当に大変になったあとで、やっとヤコブは許しを与えた。「私も失うときには、失うのだ。」と言いました。(創世記43:14)

それでも、ずっと神様は何も言わなかった。

苦しむときに、時々、大変でも、私たちは神様の臨在が分かります。神様が近いという感じがある。神様の慰めを感じる。まだ、神様の声が聞こえる。だから、苦しんでも、私たちの試練はなんだか耐えられる。

でも、ある時、神様は沈黙しているみたいです。私たちの祈りは天井で止まります。質問を聞いても、答えが来ない。そして、神様は本当に遠いみたいです。ヤコブは20年間そのように苦しんでいた。

で も、ヤコブは見られなかったけれど、神様は働いていました。ヤコブは見られなかったけど、神様はヤコブとその家族を救う計画を持っていました。沈黙したけれど、神様はヤコブをまだ愛していた。その20年の間に神様はヤコブの家族のなかに、ずっと働いていた。ヨセフの中に働いていた。ヨセフの兄弟たちの中に働 いていた。ヤコブの中にも働いていた。ヤコブはそれを見ることが出来なかっただけです。でも、見ることができたら、その何十年の悲しみは重荷のように落ち た。そして、もう一度喜びを知りました。

あなたは苦しんでいるかもしれない。そして、神様は遠いみたいです。神様はあなたを愛していないと思うかもしれない。神様はあなたを捨てたと思うかもしれない。でも、神様はヤコブを捨てなかった。あなたを捨てていない。神様はまだ働いている。神様はまだあなたの叫びを聞いている。あなたのためにまだ計画があります。だから、神様にしがみついてください。一ヶ月間かかるかもしれない。1年間かかるかもし れない。20年間かかるかもしれない。一日間かかるかもしれない。

でも、もう一度、あなたの人生に神様の働きを見る。だから、諦めないでください。

パウロはこう書いた。

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。ローマ 5:3ー5

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中