創世記42-45章 — 許し

この箇所を読みながら、もう一度聖書の登場人物の心を知りたいです。特に、ヨセフの心です。ヨセフは兄たちを逮捕して、脅して、放して、兄たちの袋の中に銀をおいて、ベンヤミンを盗みのために責めて、そして、自分が誰かを明かしたときに、何を考えてたでしょうか。

兄たちがエジプトに着くまでに、ヨセフは兄たちに対しての怒りと苦い感情をもう全く解決したでしょうか。それとも、ヨセフは、まだ自分の感情と戦っていたで しょうか。兄たちが本当に変わったかどうか、試みたかったでしょうか。それとも、ただ自分が苦しんだように兄たちを苦しませて、復讐したかったでしょう か。

私はよく知らない。時々、ヨセフはもう許したと思う。でも時々、まだ許していなかったと思う。でも、ヨセフがどう感じていても、私たちは許しについて、いろんなことを学ぶことができると思う。

1。許しは、相手があなたに何をしたか、無視するわけではありません。また、許しは、相手があなたに何をしたか、否定するわけではないです。ヨセフは、はっきり言った。「私はヨセフです。知っているでしょう?私を奴隷として売りました。私に対して罪を犯した。」

時々、人々は痛みを避けるために、傷つけられたことを否定する。でも、痛みを癒すために、無視しなくて、認めなくてはならない。その傷を認めるまで、あなたを傷つけた人と和解することができない。ヨセフはそうしました。

2。許しは相手に「あなたは私に何も負っていない」と言うことです。ヨセフは兄たちにこう言った。

今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。(創世記45:5)

多くの場合は、私たちは、相手が自分自身に怒ることを望みます。相手が罪悪感を感じることを望みます。でも、ヨセフは「私はもはやあなたを許しました。自分を責めないでください。私は責めないからです。」と言っていました。

3。許しは過去を放して、未来を抱くことです。ヨセフは兄たちの行動はどんなに悪だったか考え続けていませんでした。かえって、神がこの状態によって、家族を救うことを指摘しました。ヨセフはこう言った。

神は命を救うために、あなたがたより先に私を遣わしてくださったのです。この二年の間、国中にききんがあったが、まだあと五年は耕すことも刈り入れることも ないでしょう。それで神は私をあなたがたより先にお遣わしになりました。それは、あなたがたのために残りのものをこの地に残し、また、大いなる救いによってあなたがたを生きながらえさせるためだったのです。 (創世記45:5-7)

神様は私たち一人一人のために計画を持っています。そして、私たちを通して、人々に触れる事を望んでいます。でも、許せない態度は鎖みたいです。私たちがその鎖で過去に縛られます。過去に縛られると、私たちのために神様が準備した未来に進まない。だから、未来に進んで、神様の祝福を見つけるために、私たちは過去を放さなくてはならない。ある人はこう言った。「許したら、囚人を解放する。でも、そうすれば、分かるのは、その解放した囚人があなた自身です。」

でも許しは、無謀に危ない状態に行くことではないです。相手が謝っても、謝らなくても、神様は「許しなさい」と言います。許さないと、私たちは過去に縛られて、未来に進まない。でも、相手が後悔していないと、その人はあなたにとって、危ないです。身体的にも、感情的にも危ないです。許すために、相手が後悔することは必要がないです。でも、関係を回復するために相手が後悔する必要がある。

こういうわけで、ヨセフはそのように行動したと思う。兄たちは本当に変わったかどうか確認したかった。兄たちがその変化を示したときに、ヨセフは自分を明かした。変化がなかったら、ヨセフは自分を明かさなかったかもしれない。

もし、誰かがあなたを傷付けたら、許すべきです。でも、相手が後悔しなくて、変わりたくないなら、あなたは気をつけたほうがいいです。そうしないと、もう一度、傷付けられるかもしれない。多くの人々は、相手が後悔する前に、関係を回復しようとするけど、もう一度傷つけられます。相手があなたを傷つけた事を認めないし、自分が変わる必要がある事を認めないし、変わる努力しないと、その人から離れたほうがいいです。距離を保つことができないなら、自分をだまさないでください。その人は変わっていない。だから、その人の行動のために自分の心を準備してください。そうすれば、ある程度まで、自分の心を守ることができます。

でも、私はもう一度言います。相手が後悔しても、後悔しなくても、私たちは許さなくてはならない。相手のためではなくて、私たち自分自身のためです。

神様、時々、許すことは難しいです。よく深い傷を受けて、どうやって許すか良く分からない。私たちが過去を放す事を助けてください。過去を無視することではなくて。その悪い経験が起こらなかったようなふりをするのではなく。でも、あなたが計画した未来を抱くために過去を放す事を助けてください。私たちの関係について、知恵を与えてください。いつ関係を回復したほうがいいか教えてください。いつ、距離を保ったほうがいいか教えてください。でも、どんな状態でも、どうやって許すか教えてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中