創世記41章50-52 – 無力な過去、実り多い未来

ヨセフは13年で、いろんな大変な経験があった。兄たちはヨセフを奴隷として売りました。そして、パロの廷臣の管理人になったけど、レイプの濡れ衣を着せられて、監獄に入れられた。でも、急にパロはヨセフにエジプト全土を支配させた。パロだけがヨセフより権威を持っていました。

ヨセフはパロの娘と結婚して、息子が二人生まれました。長男をマナセと名づけた。その名前は「忘れる」という意味です。なぜならば、ヨセフは「神が私の全ての労苦と私の父の全家とを忘れさせた。」と言ったからです。次男をエフライムと名づけた。その名前は「実り多い」という意味です。なぜならば、ヨセフは「神が私の苦しみの地で私を実り多い者とされた。」と言ったからです。

ヨセフは本当に過去を忘れたでしょうか。いや、違うと思う。でも、神様からの祝福について考えたら、ヨセフの過去がもう無力になりました。すでにヨセフに影響を与えることができませんでした。ヨセフは「私を実りを結んだ者とされた」と言わなくて、むしろ、「私を実り多い者とされた」と言っていました。

ローマ書8章で、パウロはこう書いた。

今のときのいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。(18節)

どの栄光について書いているでしょうか。キリストがもう一度この世界に戻るときに、私たちに啓示されようとしている栄光です。ほかの箇所で、こう書いてあります。

しかし、キリストが現れたなら、私たちはキリストに似たものとなることが分かっています。なぜならその時、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。(第一ヨハネ3:2)

その時、

[神は]彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。(黙示21:4)

私たちは自分の悪い思い出を全く忘れるでしょうか。その可能性があると思う。でも、別の可能性は、私たちがこの世界にいるときに、神が編んだ命のタペストリーの部分として、その悪い思い出を思い出すかもしれない。そうすると、私たちがそのタベストリー全体を見たら、美しいものとして見ます。

でも、ヨセフのように、私たちはこの世界に、その栄光をちょっと見られると思う。神様が私たちに触れて、この世界にたくさんの苦しみと悲しみを経験しても、私たちは平和と喜びと満足が見つけられる。だから、どんな苦しみがあっても、私たちは希望がある。この世界に希望があるし、天国にも希望がある。

でも、今苦しんだら、どうしたらいいでしょうか。あなたは一人ぼっちじゃない事を思い出してください。ローマ書8:26-27で、こう書いてあります。

御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神の御心に従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

ある時、私たちの苦しみが多すぎて、どうやって祈ればいいかよく分からないし、何のために祈ればいいかよく分からない。でも、そのときに、聖霊は私たちのために祈るし、神様の御心に従って、私たちのためにとりなしをしてくださる。だから、パウロはこう言えます。

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神が全ての事を働かせて益としてくださる事を、私たちは知っています。(28節)

聖霊が私たちのために祈っているから、神様が私たちのために全てを働かせて益としてくださる事を知ることができます。ヨセフの試練のときに、聖霊はヨセフのために祈った。そして、私は聖霊があなたのために祈っている事を知っている。だから、私たちがどんな大変な状態に入っても、神様が私たちを救い出す事を知ることができます。そして、私たちは振り返って、ヨセフのように「私の過去には私を支配しません。今は実り多い者とされた。」と言える。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中