創世記38 ーー 愛されてない、誰からも求められていない

創世記を読むときに、たくさんのひどい話で、びっくりしました。特に女性について、ひどい話がたくさんある。レアとタマルの話はかなりひどいです。父ラバンの 欺きによって、レアがヤコブと結婚した。でも、その結果はヤコブはレアを愛していなかった。レアは「私は愛されていなくて、不要です」と思いました。レアの息子 たちの名前はそのことを反映する。(その話はここにあります。)

タマルも自分が愛されなくて、不要と感じました。夫が悪人で、神様は彼を殺した。夫の兄弟は、その文化の習慣によって、タマルと結婚したけど、本当は結婚したくなかった。そして、セックスのためにタマルを利用したけど、その時に、地に流していた。神様はそれを見ると、その兄弟も殺しました。

そして、義理のお父さんユダは「私の末っ子が大人になったらあなたにあげる」と言ったのに、結局タマルに与えなかった。なぜならば、タマルによって、不運が来たと思ったからです。「タマルと結婚すると彼も死ぬかもしれない。」と思った。だから、タマルは愛されなくて、自分は不要と感じました。

彼女は必死になって、遊女のように振る舞いまして、ユダと寝た。 (タマルが顔をおおっていたから、ユダはタマルを認識していなかった。)

そして、タマルが妊娠して、ユダはタマルを殺そうと思った。なぜならば、タマルは結婚をしていないのに妊娠して遊女のようになったからです。でも、ユダは何ヶ月か前に遊女(タマル)と寝た。それがかなり偽善的だと思う。それでも、ユダは、この不要な女の人はなくなるので、多分本当に喜んだと思う。

でも、タマルが子供の父がユダであることを証明して、ユダは気絶しました。だから、ユダは「私が悪かった」と認めて、タマルを生かした。そして、双子が生まれました。

でも、レアとタマルが人に愛されなくて、不要だったのに、神様はその二人を愛して、大事だと思いました。神様の恵みは素晴らしいと思います。神様はその二人を選んで、イエス様の家系図を見たら、タマルとレアの名前が入っています。

私が神様だったら、多分、ラケルを選んだと思う。なぜならば、ヤコブはラケルを愛して、その息子ヨセフは兄たちよりいい人だったからです。でも、ラケルではなくて、レアを通して、イエス様が来ました。

そして、私が神様だったら、タマルを選ばなかったと思う。なぜならば、ユダもタマルも本当にひどい事をした。でも、タマルを通して、イエス様が来た。

私たちは何を学ぶことができますか。あなたは愛されていなくて、不要だと思うかもしれない。あなたの夫か妻は不倫して、あなたを捨てたかもしれない。

あなたは虐待されたかもしれない。あなたは両親の愛と受け入れを求めたのに、何をしても、愛を与えてもらわなかった。

あなたは彼か彼女を探しているかもしれない。でも、あなたの周りに、たくさんの友達が結婚しているのに、あなたはふさわしい人を見つけられない。何回付き合っても、結局だめになって、あなたの心は壊れた。心をあげても、体もあげたかもしれないけど、結局拒否された。

でも、愛されていなくて、不要と感じても、神様はあなたを見て、愛しています。神様はあなたの名前を知っています。あなたの全部をよく知っています。あな たが失敗しても、罪を犯しても、あなたを愛して、イエス様をこの世に送りました。イエス様は十字架で、あなたの罪のために死んで、蘇られました。どうしてでしょうか。あなたを愛して、あなたと親しい関係を望んでいたからです。

あなたが誰でも、どんな苦しみを感じても、神様はあなたのために計画があります。神様に手を伸ばしたら、神様はずっとあなたに手を伸ばしていたことをすぐに分かります。神様はあなたの苦しみを癒すことを望んでいます。あなたの心を愛に満たすことを望んでいます。神様を仰ぎませんか。

主は遠くから、私に現れた。「永遠の愛を持って、私はあなたを愛した。それゆえ、私はあなたに誠実を尽くし続けた。」エレミヤ31:3

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中