創世記33章18-20 – 私は神、私の神

カナンからハランに行ってきていた間に、ヤコブの神様との関係は本当に成長しました。カナンから出たときに、ヤコブはアブラハムとイサクから神様について聞いていたけど、神様との個人的な関係がなかった。そして、べテルで、初めて神様に出会ったけど、完全に神様に降伏しなかった。神様と格闘したときに、ヤコブはまだ神様を「私の父アブラハムの神、私の父イサクの神」と呼びましたけど、まだ自分の神として認めなかった。(創世記32:9)

でも、神様が忠実な神として現して、ヤコブをカナンに無事に導いたら、ヤコブは祭壇を築きました。そして、その祭壇を「エル・エロへ・イスラエル」と名づけた。その意味は「神様はイスラエルの神様です。」

時々私は忘れるけど、あの時、イスラエルという国はまだ存在していなかった。でも、神様はヤコブをイスラエルと名づけた。だから、ヤコブが言ったのは「神様はイスラエルという国の神」ということじゃなかった。ヤコブが言ったのは「神様は私の神です」ということです。

その前に、ずっとヤコブは「私は神」という態度をとった。神様に仕えるために生きなかった。むしろ自分自身に仕えるために生きた。神様に信頼しなかったし、神様のタィミングのために待たなかった。むしろ、他の人を傷付けても、自分の道を行きました。

でも、やっと、ヤコブは「神様、あなたは私の神」と言いました。そして、彼の人生は全く変わりました。彼はもう失敗していなかったというわけじゃなかった。彼はまだ恐れや疑いと戦った。でも、やっと、神様はヤコブの心の王座に座っていました。ずっと、その通りだったら、ヤコブの人生はどれぐらい違ったでしょうか。

あなたはどうですか。「私は神」という態度をとっていますか。まだ自分の道を行っていますか。神様に信頼しなくて、自分に信頼して生きていますか。他の人を傷付けても、自分を喜ばせるために生きていますか。

それとも、「神様は私の神」と言う態度をとっていますか。

ある昔の賛美歌が大好きです。

イエス様に全て明け渡す。
イエス様に私は自由に全てを捧げる。
私はいつまでもイエス様に信頼します。
イエス様の前に毎日生きます。

イエス様に全て明け渡す。
私の全部があなたのものになるように。
私が聖霊の臨在を感じるように。
あなたは私の神です。

イエス様に全て明け渡す。
私の人生をあなたに捧げる。
私にあなたの愛と力を満たしてください。
あなたの祝福が私の上に落ちるように。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中