創世記30ー31章 — 人間関係を破る方法

何ヶ月か前、昔のアルフレッド・ヒッチコック劇場のテレビ番組を見ました。「ワイフ必殺法」という番組でした。ブラックコメディーで、ある男性は一所懸命、 妻から自分を自由にしようとした。そのために、複雑な計画を立てました。彼が妻を殺したいと思っていることを、妻に考えさせました。彼女が怖くて、彼を殺そうとしたけ ど、結局失敗して、逮捕されて、刑務所に入りました。だから、彼は自由になりました。でも、すぐに彼も大変な状態に入りました。あなたが知りたいなら、ど うぞ見てください。

とにかく、それは悪い人が悪い人を扱う話でした。妻も、かなり悪かった。

ヤコブとラバンの話を読んだら、その番組を思い出した。モーセがこの話にタイトルを付けたら、たぶん、「義理の息子の関係を破る方法」と書いたかもしれない。「自分の娘の関係を破る方法」というタイトルもいいと思います。ラバンは意識的にヤコブを追い出したくなかったかもしれない。けれども、どうして、ラバンは自分の行動の結果が予想できなかったでしょうか。

私はラバンの行動について読んだら、信じられない。ヤコブがレアと結婚するように、ラバンはヤコブを騙しました。そして、ラケルと結婚するように、もう七年間ヤコ ブを働かせた。そのあとで、ヤコブがラバンの羊と山羊を世話するために、ラバンは「ぶち毛とまだら毛の羊と山羊をあげる」と言いました。でも、その日、ラバンが、ぶち毛とまだら毛の動物を全部取ってしまって、別の所で、ラバンの息子は世話をした。だから、ヤコブが世話した羊と山羊は全部白いものでした。もちろん、ラバンが考えていたのは、もしヤコブが白い羊と山羊を世話して、子羊と子山羊が生まれたら、みなは白くなるから、ヤコブが何も、もらわないはずだということです。でも、たくさんのぶち毛とまだら毛の羊と山羊が生まれたら、ラバンはその契約を変えた。実は、ラバンは十回一方的にに契約を変えました。

ラバンは一体何を考えていたでしょうか。ヤコブが文句を言ったら、ラバンは全然謝らなかった。「元々は、私の娘と羊と山羊なのだから、私の行動は当然だよ」と言った。

ラバンは自分の態度と行動がヤコブとの関係を破ったし、娘たちとの関係を破ったことが分かったでしょうか。ラバンがどのように彼らを扱って、レアとラケルは「私たちは奴隷か家畜のように売られた」と考えていた。ラケルはヤコブが彼女を愛していたと知っていたから、ちょっと慰められたかもしれないけど、レアはヤコブ が彼女を愛していなかったと知っていたから、全く惨めでした。

どのように私たちの関係を破ることができますか。結婚について話しますけど、どの関係でも同じです。

二心。いい関係のために相手に信頼できなくてはならない。でも、二心だったら、関係を破るかもしれない。ヒッチコックの話の最初のシーンで、夫は妻に文句を言っていました。「私たちが結婚する前は、あなたは全然違う人でした。あなたは全然違う人であるふりをしました。私は騙されました。」と言いました。

デートするときに、どれぐらい私たちは猫をかぶるでしょうか。本当の性格を示さなくて、結婚のために耐えられない基礎を建てる。

人の感情を尊重しない。それとも、人の感情に全然気づかない。妻か夫が傷つけられたら、あなたは「あなたが敏感すぎる」と言いますか。それとも、その感情を尊重して、自分の行動を変えるでしょうか。「正直さが欲しい」と言ったらいいけど、相手が正直に感情をシェアするときに、本当に聞いて変わるでしょうか。それとも、無視するでしょうか。

自己中心の態度とプライド。ラバンが自己中心すぎて、自分の行動が悪いことを知らなかったでしょうか。それとも、プライドで、謝りたくなかったでしょうか。私はよく知らない。でも、どうでも、ラバンは悪かった。あなたも自己中心だったら、それともプライドの問題があったら、関係を破るかもしれな い。

自己中心になったら、私たちの悪さに気づかないかもしれないし、人を傷つけても、私たちは自分の行動は正しいと言うかもしれない。そして、プライドがありすぎて、謝らないなら、私たちの関係の中に壁を立てる。プライドと自己中心さで、カップルはどれぐらい結婚を破ったでしょうか。

あなたの関係はどうですか。誰かが、あなたの人生について本を書いたら、その本を「どうやって友達か妻か夫を追い出すか」と名付けるでしょうか。あなたの関係が大事だと思うなら、あなたの人生を見てください。関係を破るものを取り除いてください。

神様、私の関係を守ってください。特に、妻との関係と娘との関係を守ってください。私がその関係を破らないように。私が正直になりますように。私が彼らの感情を尊重できるように。私の心からプライドと自己中心さを取り除いてください。私が失敗したら、教えて下さい。そして、私を変えてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中