創世記25章 — 近視

子供の時に私の家族の皆は眼鏡をかけていました。どうしてか分からないけど、私はちょっと羨ましかった。かっこいいと思ったから、私は目を大事にしなく て、小学校二年生から、眼鏡が必要でした。たくさんのメガネとコンタクトレンズを買って、目を大事にしなかったことを本当に後悔する。

エサウは自分の将来に対して、かなり近視でした。長男として、いろんな特権がありました。彼の遺産は兄弟のより二倍だったし、イサクが亡くなったら、エサ ウは家族のリーダーになったし、神様がアブラハムとイサクに約束した祝福をもらうべきでした。でもエサウはその特権を軽蔑しました。彼の現在の必要よりそ の特権はあまり価値がないと思った。だから、一瞬で、レンズ豆の煮物のためにすべてをヤコブに与えました。

エサウを批判することは簡単ですけど、私たちはどれぐらいイエスキリストにあって遺産を軽蔑するでしょうか。どれぐらい私たちの現在の必要と欲望よりその遺産を価値がないとみなすでしょうか。私たちは自分のキャリアを追求するし、お金を追い求めするし、物を追い求めするから、一番大切な事を忘れる。

結局、この世界から天国に持っていけるのは2つしかないです。つまり、神様の関係と神様を知っている人の関係です。この2つのものは永遠です。天国の遺産 の大部分はこの2つのものです。この世界の残りは埃になって、なくなります。だからこんな一時的なものになぜそんなに焦点を当てるでしょうか。

ヨハネはこう書きました。

世界も、世にあるものも、愛してはなりません。もし誰でも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。すべての世にあるもの、すなわ ち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。
ヨハネの手紙第一2:15ー16

神様、私の必要と欲望に焦点を当てて、一番大事なことを忘れることは簡単です。私があなたの国とその義とをまず第一に求めるように。私はあなたが私の必要をすべて満たしてくださることを知っているからです。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中