創世記23章 – 寄留者と異国人

日本の政府は私が他の惑星から来たと思っています。証拠があります。日本に引っ越したときに、政府から識別カードをもらいました。そのカードに書いてあるのは「Certificate of alien registration」ということです。つまり「宇宙人の登録証明書」と書いてあります。

ちょっと冗談ですけどね。実は、政府はその言葉を翻訳したら、宇宙人と書かなくて、外国人と書きました。けれども、「alien」を読んだら、いつも笑います。

英和辞典を調べて、「Alien」を引いたら、いろんな定義があります。もちろん、ふたつのは「宇宙人」と「外国人」です。聖書は「寄留者」と言う言葉を使います。

とにかく、アブラハムはカナンに寄留者として住んでいました。神様はアブラハムをカナンに導いて、カナンがアブラハムの子孫の遺産になると約束しました。でも、その時はまだ来ていませんでした。だから、アブラハムの妻サラが亡くなったら、葬る場所がなかった。だから私有墓地を買わなくてはならなかった。ヘテ人と話したときに、こう言いました。「私はあなたがたの中に居留している異国人ですが、あなたがたのところで私有の墓地を私に譲っていただきたい。」そして、ヘテ人は墓地を売りました。

アブラハムも死んで、あそこで葬られました。約束のものを手に入れることはなかったけど、待ち望みました。ヘブル11章にこう書いてあります。

信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。。。これらの人々は皆、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者である事を告白していたのです。彼らはこのように言うことによって、自分の故郷を求めている事を示しています。もし、出てきた故郷の事を思っていたのであれば、帰る機会はあったでしょう。しかし、事実、彼らは、さらにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。それゆえ、神は彼らの神と呼ばれる事を恥となさいませんでした。事実、神は彼らのために都を用意しておられました。(9-10,13-16節)

私が日本に引っ越した後で、兄はオアフ島からハワイ島に引っ越しました。姉と旦那さんもすぐに引っ越して、その後で、私の両親もあそこに引っ越しました。今、私はオアフ島に帰ったら、うちが全然ない。かなりさびしいです。私の出身地に帰ると、私が育った家を見たら、知らない人はあそこに住んで、その家の雰囲気も違います。もう私の家じゃないです。でも、その家は決して私のうちじゃなかった。この世界は短期で居留している所です。私たちは寄留者と異国人で、この世界に属していない。私たちの本当の家は天国にあります。

だから、あなたの心はどこでしょうか。この世界ですか。つまり、あなたの焦点はこの世界ですか。それとも、あなたの本当のうちを求めてるでしょうか。ある人は、天国中心の者はこの世界に役に立たない人だと思います。でも、C.S. ルイスはこう言いました。「歴史について読んだら、現在の世界のために一番熱心に働いたクリスチャンは天国中心のクリスチャンでした。イエス様の使徒はそのようなクリスチャンでした。奴隷貿易と戦うイギリスのクリスチャンも天国中心クリスチャンでした。でも、今はクリスチャンは天国についてほとんど考えないから、この世界に神様のために効果的な器にならなくなった。」 (私の言い換え – C.S. ルイスの「キリスト教の精髄」という本から)

ルイスは正しいです。私たちは天国中心だったら、私たちの優先順位は全部正しくなる。でも私たちがこの世界を一番大切にしたら、私たちの優先順位と私たちの人生はめちゃくちゃになります。あなたの心はどうですか。あなたの優先順位は正しいでしょうか。

この歌の歌詞が大好きです。

私たちは大使です。でも私たちは待つべきです。
神様のメッセージを伝えなくてはならない。
この世を出る前に、しなくてはならないことはたくさんある。
たくさんの人は私たちのメッセージを聞いて、信じるかもしれない。
私たちの使命は必ず成功する。
ハデスの門は打ち勝てません。
私は寄留者と異国人です。
私たちはこの世界の者じゃないです。

神様、私はこの世界に住んでいるけど、寄留者と異国人です。私はこの世界に属していない事を忘れないように。私の家は天国です。でもこの世界を旅しながら、私はあなたの大使になるように。あなたの国のために私を用いてください。アーメン

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中