創世記21章1-20節 – 「私の道」を放すこと

イサクが生まれた時に、アブハムは難しい決断に直面した。サラはイシュマエルがイサクをからかってる事を見ました。だからサラはアブラハムに言った。「ハガルとイシュマエルを追い出しなさい。」

かなりひどい言葉でした。アブラハムはイシュマエルのお父さんだったし、その文化でも、息子を追い出すことは許されませんでした。でも神様も追い出しなさいと言いました。なぜでしょうか。

ある可能性は、イサクが生まれても、アブラハムはイシュマエルに長男の祝福特権を与えようと考えていたかもしれない。そのはずはないけど、17章にアブラハムは神様にそう祈りました。14年ぐらい、イシュマエルしか、息子がいなかったから、アブラハムは本当にイシュマエルを愛していました。でも、その計画は神様の御心じゃなかった。

しかし、もっと大切な理由があったと思う。イシュマエルは「私の道」の考え方を象徴しました。

アブラハムが自分の道に行くことによって、イシュマエルは生まれた。神様がすぐに赤ちゃんを与えなかったら、アブラハムとサラの信仰が動揺して、自分の道に行きました。サラは女奴隷ハガルをアブラハムに与えて、ハガルを通して、イシュマセルは生まれた。でも、アブラハムとサラは悪かった。彼らの道は神様の道じゃなかった。たぶん、神様が言いたかったのは、「私の道」を放す時間だということです。神様が言った。「私はイシュマエルを世話する。彼はぜったいに大丈夫になります。でもイシュマエルを放す時間です。自分の計画を放す時間です。私と私の計画に心尽くして、従う時間です。」

だからアブラハムは神様に従いました。

神様は私たちに同じ事を頼みます。私たちはよく、神様の道に行きたいけど、私たちの道を放せない。時々、神様のタイミングのために待てなくて、アブラハムのように、自分の知恵と力でやろうとします。時々、神様の道に行こうとするけど、うまくいかないみたいだから、あきらめて、もう一度自分の道に戻ります。

でも、神様が言っているのは「放しなさい。私に信頼してください。私は全ての事を世話する。」ということです。私たちの関係とか仕事とか経済を神様に委ねたら、神様の祝福を知るようになります。

神様、ある時、私の人生はうまく行かなくて、あなたの道をあきらめて、私の道に行きました。赦してください。あなたに信頼しにくい時にも、信頼できるように助けてください。私の道を放すように助けてください。あなたの道に本当に行きたいから。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中