創世記20章 – 言い訳できない

「でも知らなかった。私の良心はきれいです。」

ゲラルの王アビメレクがアブラハムの妻を自分の妻として取ったときに、そう言いました。そして、それはそうでした。アブラハムのほうが悪かった。アブラハムはうそをついた。つまり、「サラは私の妹」と言いました。だから、アビメレクはサラを取りました。

でも、神様はアビメレクに面と向かって「あなたが召しいれた女のために、あなたは死なければならない。あの女は夫のある身である」と言いました。アビメレクは本当に知らなかったが、罪を犯して、その罪のために購う必要がありました。

私たちはどれぐらい、罪を犯したけど、気づかなかったでしょうか。多分、自分が思うより、そうすると思います。だから、日が終わったら、「神様、私の心を探ってください」と祈ったほうがいいです。そうしないと、私たちが知らずに罪を犯して、その罪は神様との関係を妨げるかもしれない。

ダビデはそう知っていましたから、こう祈りました。

誰が自分の数々のあやまちを悟ることができましょう。どうか、隠れている私の罪をお赦しください。あなたのしもべを、傲慢の罪から守ってください。それらが私を支配しませんように。そうすれば、私は全ったき者となり、大きな罪を、免れて、きよくなるでしょう。詩篇19:12-13.

別の祈りで、こう祈りました。

「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。」詩篇139:23-24

神様、どれぐらい、私が知らずに罪を犯して、その罪は私たちの関係を妨げるでしょうか。赦してください。聖霊の声に対して、私の耳はもっと敏感になりますように。そして、私は罪を犯したら、すぐに気づいて、告白できますように。ダビデが祈ったように、私の隠れた罪をお赦しください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見てください。傲慢の罪から守ってください。あなたと親しい関係を本当に望んでいるから。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中