創世記19章 – 持たないほうがいい物を持ち続けること

数年間前に、NOVAという英会話学校で働きました。日本の中で、一番大きい英会話学校で、あそこで七年ぐらい働きました。でも最後の2-3年間で、ちょっと不穏な傾向に気づきました。一つ目はNOVAはあまりにも速く拡張しました。そして、最後の年に、たくさんのNOVAの 学校は閉め始めて、私の給料も遅く払いました。

そのときに、私はNOVAを辞めたほうが良かったけど、ちょっと難しかった。なぜならば、給料はよかったし、有給休暇がたくさんあったし、私の働く日と時間はよかったんです。ほかの学校はそんないい点がないと思った。だから、実際に希望がなくても、希望し続けた。そして、NOVAは倒産してしまいました。突然、たくさんの先生は仕事がなくなって、新しい仕事を見つけるのは大変に難しくなりました。今、まあまあいい仕事がありますが、もし、もっと早くNOVAを辞めたら、もっといい仕事が見つけられたかもしれない。

ロトは同じような状況にあった。土地の問題で、ロトはアブラハムから離れました。ロトはソドムを見たら、本当にいい所だと思いました。そして、すぐにソドムのリーダーになったらしいです。(リーダーはいつも都市の門ので座て、ある人たちがけんかしたら、裁きました。)だから、いい所にいたし、いい立場がありました。

でも、問題がありました。それはソドムがとても邪悪な都市だった。多分リーダーとして、ソドムにいい例になろうとした。でも、ソドムはだんだん悪くなりました。ペトロはロトについてこう書きました。

無節操な者たちの好色なふるまいによって悩まされていた義人ロトを救い出されました。というのは、この義人は、彼らの間に住んでいましたが、不法な行いを見聞きして、日々その正しい心を痛めていたからです。第2ペテロ2:7-8

もう一つの問題がありました。ソドムの人たちはロトの考え方に影響しました。ロトはソドムに影響を与えるより、ソドムがロトに影響しました。この話を読んだら、そのことがはっきり見えます。ソドムの人たちはロトの家を攻撃して、天使をレイプしたかったときに、ロトは何をしましたか。「私のお客さんをレイプしないでください。むしろ、私の娘たちをレイプしてください」と言っていました。もし不敬虔な人たちだけと時間を過ごして、また、神様の道を教える人がいないなら、そんな問題がよく出ます。つまり不敬虔な人の態度と考え方を取ってしまいます。

ロトはずっと前に出たほうがよかった。どうして、そうしなかったんだろうか。たぶん居心地がよかったからです。その社会で自分の立場は楽しかったかもしれない。だから行きたくなかったかもしれない。希望がなくても、希望し続けました。でも彼と家族にほとんど災害をもたらした。天使がロトに裁きの事を注意しても、ロトはためらった。天使たちはロトと家族を都市から引っ張らなくてはならなかった。それでも、ロトは出てしまう事にためらいました。

私たちにとってよくないものをどれぐらい持ち続けるでしょうか。家族から離させる仕事かもしれない。それとも、教会に行かせない仕事かもしれない。それとも、クリスチャンじゃない彼か彼女かもしれない。ポルノかもしれない。時々いい物も、神様から私たちを離されます。例えば、時間をとりすぎる趣味かもしれない。インターネットとか、本とか、テレビとか、スポーツかもしれない。基本的に悪い物じゃないけど、その物は私たちをコントロールし始めたら、悪くなります。私にとって、時々それは問題になります。

あなたはどうでうか。あなたは何を持っていますか。

神様、時々持たないほうがいいものを持った事を認めます。ある時、そのものを私がコントロールしなくて、私がコントロールされました。赦してください。私の優先順位はちゃんと設定できるように助けてください。私の心を探ってください。もし悪いことがあれば、私に示してください。そして、私がそのものを放せるように助けてください。あなたの計画に従いたいです。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 創世記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中